【宮城県岩沼市】24時間救急診療を提供できる救急指定病院。土曜診療も受付可。
宮城県岩沼市 社会法人将道会 総合南東北病院-救急指定病院-

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

診療受付時間(月~土 8:30)休診日(日・祝・年末年始12/30-1/2)

top_set_01-1 top_set_01-2 top_set_01-3

部門一覧

ホーム 当院について 診療科のご案内 健診のご案内 採用情報 交通アクセス

リハビリテーション(作業療法)

身体または精神に障害のある者、またはそれが予測されるものに対して、その主体的な生活の獲得をはかるため、諸機能の回復・維持および開発を促す作業活動を用いて行う治療、訓練、指導および援助をいいます。

~理学療法士及び作業療法士法による定義~

reha_sagyou_img_01

作業療法部門

作業療法部門では、作業活動を用いた作業療法室でのリハビリの他に、病棟においても起居動作や排泄動作など生活に即した練習を行います。また、ADL室を併設しており、家事動作練習や畳での床上動作練習など、自宅での生活を踏まえた練習も行います。
その他にも、患者さんが安全でより楽な生活が行えるように、家屋改修や福祉機器選択時の助言、自助具の紹介や作成も行います。

※ADL(Activities of Daily Living)とは?

日常生活活動のことを言います。日常生活活動とは一人の人間が独立して生活するために行う基本的な、しかも、各人ともに共通に毎日繰り返される一連の動作群を指しています。具体的には食事や排泄(トイレ)、更衣(着替え)などが当たります。

reha_sagyou_img_02

【トイレ動作練習】

排泄の自立は、多くの患者さんやご家族が望まれる能力の一つです。
リハビリ室での模擬練習、実際にトイレで行う実践練習など、積極的な作業療法が行われます。

reha_sagyou_img_03

【食事動作練習】

写真はベッド臥床した状態での、食事練習です。起きられる方には、自力でスプーンや箸を持って食事ができるようになるための練習も行っていきます。

reha_sagyou_img_04

【上肢機能訓練】

当院にはPSB(ポータブルスプリングバランサー)やレッドコード等の機器があります。
PSBでは腕を上から吊り上げて動きをサポートすることで、肩・肘の機能改善を図っています。

reha_sagyou_img_05

【手指機能訓練】

人間の指の動きは非常に精密で細やかです。「ただ動けばいい」ではなく、「動いた手で何ができるか」を日々考えて、作業療法を進めています。

reha_sagyou_img_06

【リハビリ機器の導入】

「pathleader(パスリーダー)」という機械です。脳血管疾患により生じた運動麻痺に対し磁気刺激を連続的に行い、運動麻痺改善を目指す装置です。比較的痛み刺激が少なく、衣服の上からでも使用することが可能です。

reha_sagyou_img_07

【家事動作練習】

一人暮らしの方や主婦の方などに対して、調理や洗濯、掃除などの退院後の生活に必要な家事動作の練習も行います。
調理実習では、献立、食材洗い、調理、配膳、後片付けまで一連の流れを行います。
実践的な練習の一つとして人気です。

reha_sagyou_img_08

【利き手交換練習】(箸操作)

元々の利き手である右手が麻痺した際に、左手を利き手として使うことができるように練習しています。

reha_sagyou_img_09

【自助具】

これらは自助具という道具です。体が自由に動かない場合でも、道具を工夫することで「自分でできること」を増やしていきます。
柄が曲がったスプーン、太柄スプーン、バネ付箸、手のひらに巻きつけるラバーカフなど様々な道具が準備してあります。実際に試して使うこともできますので、興味のある方はスタッフまでお声掛けください。

〒989-2483 宮城県岩沼市里の杜一丁目2-5
TEL 0223-23-3151 FAX 0223-23-3150

Copyright c 2005 Minami Tohoku Hospital. All Rights Reserved