【宮城県岩沼市】24時間救急診療を提供できる救急指定病院。土曜診療も受付可。
宮城県岩沼市 社会法人将道会 総合南東北病院-救急指定病院-

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

診療受付時間(月~土 8:30)休診日(日・祝・年末年始12/30-1/2)

top_set_01-1 top_set_01-2 top_set_01-3

トピック&ニュース

ホーム 当院について 診療科のご案内 健診のご案内 採用情報 交通アクセス

第59回 健康医学セミナー開催のお知らせ

 総合南東北病院の第59回健康医学セミナーは9月30日(土)午後1時から当院2階講堂で開かれます。今回は、総合南東北病院 須藤晃佑 消化器科科長が「大腸のポリープとがん 症状のない今のうちに内視鏡検査をうけませんか?」と題して講演します。

 長年、日本人の死因第1位を占めている「がん」。特に、大腸がんは男女ともに近年急増しており、その背景には食生活の欧米化が考えられ、今後も増加すると予測されています。

 また、大腸ポリープは、働き盛りの40歳代から増え始め、年齢があがるほど出来やすくなります。ほとんどが良性で自覚症状もほとんどありませんが、放置していると徐々に大きくなり、がん化の危険度が増していきます。

 今回のセミナーでは、大腸のポリープとがんの病態や治療、早期発見に役立つ内視鏡検査について、実際の症例を交えながらわかりやすくお話しします。

 事前予約不要。入場無料です。お気軽にご参加ください。

2017年9月13日更新

夏休み医療体験が行われました

 病院で行われている様々な医療行為を模擬体験できる「夏休み医療体験」が8月1日(火)当院2階講堂で行われ、県内の中高生11名が参加しました。

 このイベントは、当院外科の医師が中心となり、近隣の中学生・高校生を対象に病院の仕事を知ってもらいたい、将来の進路の選択に役立ててほしいと春休み、夏休みなどの長期休み期間に開催しています。平成27年12月から始まり、今回で6回目となります。

 参加者の皆さんは、消化器外科科長 三井先生から本日取り組む内容や注意事項などの説明を受けた後、手術着を着用し早速体験を開始しました。会場には、内視鏡を使い、消しゴムやビーズ、輪ゴムを移動させるラパロ体験や、医療用の人形を使い気道確保する挿管体験などが行える6つのコーナーが設けられました。皮膚モデルを使用した縫合体験では、医師のレクチャーの下、1針1針丁寧に縫い上げ、採血体験では、模擬血管に恐る恐る注射器の針を刺すなど、それぞれのコーナーで楽しみながら医療に関わる仕事を学びました。

 鶏肉の中の詰め物を電気メスで切って取り出す、電気メス体験に熱心に取り組んでいた高校2年生の上条さんは「実際に触ってみて、この器具を使い患者さんを助けていると実感できました。貴重な体験ができ良かったです」と笑顔で話していました。

news20170911

2017年9月11日更新

第58回健康医学セミナーが開催されました

news20170908

 第58回健康医学セミナーが8月23日(水)午後2時から当院2階講堂で開催され、110名の方が参加しました。今回は寺嶋正佳 副院長・循環器科科長が「狭心症は怖い!予防から治療まで~特に予防は重要~週刊誌の『こんな薬は飲んではいけない』は読んではいけない」と題して話しました。

 狭心症とは心臓の筋肉を養っている動脈(冠動脈)が動脈硬化で狭くなり、胸苦しくなる発作を起こす病気で、心筋梗塞の一歩手前の状態を指すそうです。狭心症を経由せず、初回の発作が心筋梗塞のこともまれではないため、冠動脈硬化が進まないようにすることが最も重要とのことです。そのためには、食事療法や運動療法、禁煙などの生活習慣改善が大切との話でした。

 また、狭心症発作時の対応に関して寺嶋先生は「前胸部や喉、みぞおちなどに重苦しい、締め付けられるような苦しさが発生したら、たとえ1~2分で軽快しても、24時間以内に専門医の診察を受けましょう」と呼びかけました。

 参加者からは、自分の症状等について質問があり、今回のテーマに対する関心の高さがうかがえました。

2017年9月8日更新

人見施設長が平成29年度介護老人保健施設事業
功労者厚生労働大臣表彰を受賞しました

news20170907

 人見 浩 介護老人保健施設サニーホーム施設長 兼 総合南東北病院副院長が、平成29年度介護老人保健施設事業功労者厚生労働大臣表彰を受賞しました。

 この表彰は、長年にわたり介護老人保健施設関係事業の発展向上に貢献し、老人保健福祉行政の推進に顕著な功績があった者に対して、厚生労働大臣がその功績をたたえ、その功労に報いるとともに、老人保健福祉行政の推進に寄与することを目的としています。

 今回の表彰に対して、人見施設長からコメントを頂きましたのでご紹介します。

 「昭和60年頃に当院に就職し、平成9年にサニーホームの施設長を務めさせて頂き今年で20年目となりました。病院との兼務であり大変なことも多くありましたが、今まで務めてこられたのはサニーホーム、病院各部署職員皆さんの協力の賜物と感謝しています。今後とも介護老人保健施設事業の発展に尽力して参りますのでよろしくお願い致します。」

2017年9月7日更新

みな・みな・ねっと9月号を発行しました

news20170904

 当院の広報誌「みな・みな・ねっと9月号」を発行しました。

 9月号の第1面は西村真実 副院長・脳神経外科部長・脳卒中センター長の「ドイツ International Neuroscience Institute留学記(2)」を掲載しています。その他、ワンポイントリハビリ「腰痛について part1」、薬局だより「足水虫治療薬の塗り方について」、認定看護師コラム「9月9日は救急の日」などの内容です。ぜひご覧ください。

 広報誌は院内各所に設置しております。また、こちらからもご覧頂けます。

2017年9月4日更新

← 8月

トピック&ニュース一覧はこちら

〒989-2483 宮城県岩沼市里の杜一丁目2-5
TEL 0223-23-3151 FAX 0223-23-3150

Copyright c 2005 Minami Tohoku Hospital. All Rights Reserved