【宮城県岩沼市】24時間救急診療を提供できる救急指定病院。土曜診療も受付可。
宮城県岩沼市 社会法人将道会 総合南東北病院-救急指定病院-

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

診療受付時間(月~土 8:30)休診日(日・祝・年末年始12/30-1/2)

top_set_01-1 top_set_01-2 top_set_01-3

トピック&ニュース

ホーム 当院について 診療科のご案内 健診・PETのご案内 採用情報 交通アクセス

みな・みな・ねっと10月号を発行しました

news20211011

 当院の広報誌「みな・みな・ねっと10月号」を発行しました。

 10月号の第1面は脳神経内科 齋藤早紀先生の「「眠れぬ夜」に思うこと〜正しい知識で眠りとつきあう~」を掲載しています。その他、薬剤科だより「手洗いについて」、ワンポイントリハビリ「心臓リハビリテーションって何?~生活編~」、南東北看護師コラム「新型コロナウイルスについて」、レシピ紹介「ハロウィンの日に!かぼちゃサラダ」などの内容です。ぜひご覧ください。

 広報誌は院内各所に設置しております。また、こちらからもご覧頂けます。

2021年10月11日更新

南東北在宅支援オンラインセミナーが行われました

 令和3年度 社会医療法人将道会 南東北在宅支援オンラインセミナーが9月15日(水)午後1時30分から当院8階第2会議室で行われました。
 このセミナーは近隣市町の介護保険担当課、居宅介護支援事業所ケアマネジャー、地域包括支援センター、社会福祉協議会、介護サービス事業所に対して当法人事業所の取り組みを紹介し連携を深め、地域の医療・福祉に貢献していくことを目的としています。今年は感染症防止の観点からオンラインでの開催とし、認知症をテーマに行いました。
 当日は中野良子看護部長、加藤昭子リハビリテーション科課長の挨拶に続き、第1部として認知症看護認定看護師 山田愛実看護主任が「認知症に見られる行動心理症状への対応」と題して講演しました。
 第2部は当院の訪問リハビリテーション、通所リハビリテーション、南東北訪問看護ステーション、介護老人保健施設サニーホームの各担当者が事業所の概要や取り組みの紹介を行いました。その後はチャット機能を活用した質疑応答や意見交換の時間を設け、多くの意見を頂きました。
 今回は岩沼市・名取市・亘理町・山元町など18の事業所から約30名の方々に参加頂き、終了後のアンケートにて「普段見ることのできないリハビリテーションを行う様子を知ることができた」「認知症の患者さんへの具体的な対応方法を学ぶことができた」「資料がとても分かりやすく、今後も参考にしていきたい」等の感想を頂きました。 今後もセミナーを通して当法人の取り組みをより多くの方に知って頂き、各関係機関との連携を更に深めていきたいと考えております。

news20211007_1
news20211007_2
news20211007_3
news20211007_4

2021年10月7日更新

院長交代のお知らせ

 社会医療法人将道会 総合南東北病院の新院長に西村真実(前 院長代行 兼 脳神経外科部長 兼 脳卒中センター長)が令和3年10月1日付けで就任しました。西村真実の院長就任により、これまで院長を務めていた松島忠夫は、理事長特別補佐監兼執行本部長となりました。 新体制となった総合南東北病院は、今後も院是である「すべては患者さんの為に」を実践し、地域の皆様の医療・福祉・介護の更なる充実と発展に寄与できるよう精一杯努めて参ります。

2021年10月1日更新

10月は臓器移植普及推進月間です

news20211001

 臓器移植とは、病気や事故によって臓器(心臓や肝臓など)の機能が低下し、移植でしか治療できない方に健康な臓器を提供して回復させる医療です。今、日本で移植による健康回復に望みを持ち、公益社団法人 日本臓器移植ネットワークに登録している方は約1万5千人もいます。

 10月は臓器移植普及推進月間です。この機会に、いのちの贈り物についてご家族で話し合い、意思を確認してみてはいかがでしょうか。そして、事前に自分の臓器提供に関する意思を表示しておきましょう。もちろん臓器を提供しない意思も表示できますので、何らかの意思表示を行うことが重要です。 意思表示は臓器提供意思表示カードの他、運転免許証や健康保険証、マイナンバーカード(個人番号カード)でも可能です。さらに、インターネットによる意思登録をすることもできます。当院では、受付等に臓器提供意思表示カードを設置しておりますので、ご利用ください。

2021年10月1日更新

みな・みな・ねっと9月号を発行しました

news20210902

 当院の広報誌「みな・みな・ねっと9月号」を発行しました。

 9月号の第1面は循環器内科科長 密岡幹夫先生の「温故知新」を掲載しています。その他、薬剤科だより「薬の飲み合わせについて」、ワンポイントリハビリ「心臓リハビリテーションって何?~運動編~」、南東北看護師コラム「手術を安全にうけていただくために その2」、レシピ紹介「栄養たっぷり!豆乳きなこプリン」などの内容です。ぜひご覧ください。

 広報誌は院内各所に設置しております。また、こちらからもご覧頂けます。

2021年9月2日更新

火災を想定した防災訓練が実施されました

 令和3年8月5日(木)午後13時45分より、職員による防災訓練が実施されました。今回は東1病棟給湯室での出火を想定し、病棟患者さんの搬送訓練を中心に行われました。

 職員を患者役として、独歩可能な患者さんと護送が必要な患者さんの避難誘導にそれぞれ取り組みました。護送者を座らせたまま階段を降りることができるイーバックチェア(階段避難器具)を使用し、安全に護送訓練を行いました。

 避難後は搬送患者に怪我がないか等を確認し、部署ごとに避難状況の報告を行いました。今回は感染症予防の観点から消火訓練等は行わず、短時間での訓練終了となりました。

 当院では年2回、火災や地震を想定した防災訓練を実施しており、日頃から防災意識を高め災害に備えております。万が一に備え安全に全員が避難できるよう、今後も職員一同意識をさらに高めて参りたいと思います。

news20210811_1
news20210811_2
news20210811_3
news20210811_4

2021年8月12日更新

みな・みな・ねっと8月号を発行しました

news20210729

 当院の広報誌「みな・みな・ねっと8月号」を発行しました。

 8月号の第1面は副院長 人見 浩先生の「夜間頻尿でお困りの方へ」を掲載しています。その他、薬剤科だより「災害時のお薬の備えについて」、ワンポイントリハビリ「心臓リハビリテーションって何?」、南東北看護師コラム「【せん妄】について」、レシピ紹介「夏に食べたい!ドライカレー」などの内容です。ぜひご覧ください。

 広報誌は院内各所に設置しております。また、こちらからもご覧頂けます。

2021年8月4日更新

献血バスによる献血が行われました

 令和3年7月21日(水)当院正面玄関入口にて、岩沼市献血推進事業の一環として献血バスによる献血が行われました。新型コロナウイルス感染症予防のため、事前の体温測定及び手指消毒の徹底・マスク着用の上での実施となりました。

 今回は一般の方と当院職員合わせて17名(400㎖献血)の方の協力が得られました。皆様の温かいご協力をありがとうございました。

news20210729_1
news20210729_2
news20210729_3

2021年7月29日更新

みな・みな・ねっと7月号を発行しました

news20210701

 当院の広報誌「みな・みな・ねっと7月号」を発行しました。

7月号の第1面は外科医長 木村卓也先生の「急性腹症について」を掲載しています。その他、薬剤科だより「熱中症になりやすい人とは?」、ワンポイントリハビリ「糖尿病の運動方法について〜part2〜」、南東北看護師コラム「がん遺伝子検査とがんゲノム医療」、レシピ紹介「暑さに負けない!夏野菜のトマト煮込み」などの内容です。ぜひご覧ください。

 広報誌は院内各所に設置しております。また、こちらからもご覧頂けます。

2021年7月1日更新

岩沼市の植栽活動に参加しました

 岩沼市の植栽活動が令和3年6月19日(土)午前9時から行われました。当法人の環境美化委員会の活動及び地域貢献の一環として5名の職員が参加し、地域住民の皆さんと一緒に里の杜地区道路沿いの花壇にマリーゴールドを植えました。新型コロナウイルス感染症予防のため、参加者はマスクを着用しての作業となりました。

 当日はあいにく小雨が降る中での植栽となりましたが、赤や黄色の花苗を一つ一つ丁寧に植えていき、1時間ほどで作業を終え道路沿いの花壇が華やかに彩られました。

 岩沼市では公共の場の花壇やプランターに植栽する活動を行い、毎年春と秋の年2回、花の植替えをしています。花壇は、地域の皆さんの協力で管理されています。病院にお越しの際は、色とりどりのお花もぜひご覧ください。

news20210623_1
news20210623_2
news20210623_3

2021年6月23日更新

みな・みな・ねっと6月号を発行しました

news20210604

 当院の広報誌「みな・みな・ねっと6月号」を発行しました。

 6月号の第1面は脳神経外科科長 風間 健先生の「東北の復興10年から世界の復興10年へ」を掲載しています。その他、薬剤科だより「薬の保管方法と期限について」、ワンポイントリハビリ「糖尿病と運動療法について」、南東北看護師コラム「この症状が出たときは脳卒中の疑い~ACT-FASTについて~」、レシピ紹介「香りを楽しむ♪ごぼうのしぐれ煮」などの内容です。ぜひご覧ください。

 広報誌は院内各所に設置しております。また、こちらからもご覧頂けます。

2021年6月4日更新

救急医療功労者厚生労働大臣表彰を受賞しました

 社会医療法人 将道会 総合南東北病院は令和3年3月3日に、令和2年度救急医療功労者厚生労働大臣表彰を受賞しました。

 この表彰は厚生労働大臣が、都道府県知事の推薦のもと、長年にわたり地域の救急医療の確保、救急医療対策の推進に貢献した個人や医療機関等の功績をたたえるものです。今年度は全国から15の団体と、個人では23名が受賞者に選ばれました。表彰式は新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から中止となりましたが、表彰状および記念盾が授与されました。

 5月19日には赤間洋一副院長 兼 救急センター所長が岩沼市役所へ表敬訪問し、菊地啓夫市長に表彰を報告しました。菊地市長から「表彰おめでとうございます。長い間、救急医療を中心に地域医療に貢献頂き感謝申し上げます。今後も引き続き地域住民の安心のため、協力をお願いします。」とお祝いの言葉を頂きました。また、当院の赤間副院長から心臓マッサージ用の補助具を20基、岩沼市へ寄贈しました。

 今回の表彰に寄せて、赤間副院長からコメントを頂きましたのでご紹介します。

 「この度当院は救急医療功労者厚生労働大臣表彰を受賞致しました。この表彰は病院スタッフが日夜救急医療に取り組んできたことや病院を挙げて救急隊員の教育や指導を行ってきたことが評価されたものと思っております。

 今後とも院是である「すべては患者さんの為に」をモットーに病院スタッフ一丸となって救急医療に取り組んでゆく所存でおります。」

news20210528_1
news20210528_2
news20210528_3

2021年5月28日更新

職員の新型コロナウイルスワクチン接種を行っています

 令和3年4月19日(月)より、職員への新型コロナウイルスワクチン接種が開始されました。当院の医療従事者を始めとした職員や委託業者等を対象とし、5月14日(金)には1回目の接種が終了しました。

 接種は当院2階講堂にて、複数日に分けて実施されました。午後14時から時間帯を指定して行われ、講堂内に設けられた4つのブースで、フェイスシールドを着用した当院看護師らが接種にあたりました。

 2回目の接種も順次行い、6月中には接種が完了する見込みです。今後も感染対策に努め、地域住民の皆様が安心して治療を受けられるよう尽力して参ります。

news20210525_1
news20210525_2

2021年5月25日更新

みな・みな・ねっと5月号を発行しました

news20210512

 当院の広報誌「みな・みな・ねっと5月号」を発行しました。

 5月号の第1面は副院長・救急センター所長 赤間洋一先生の「新型コロナワクチン接種とアナフィラキシー反応」を掲載しています。その他、薬局だより「漢方薬について」、ワンポイントリハビリ「食事でむせる!?まず出来る対処法」、南東北看護師コラム「手術前の禁煙について」、レシピ紹介「端午の節句に♪かしわバーグ」などの内容です。ぜひご覧ください。

 広報誌は院内各所に設置しております。また、こちらからもご覧頂けます。

2021年5月12日更新

令和3年度新入職員辞令交付式が行われました

 令和3年度新入職員辞令交付式が4月1日(木)、当院8階第一会議室で行われました。新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、昨年度に続き南東北グループ全体での合同入社式は中止し、法人ごとに規模を縮小しての開催となりました。今回も感染対策を徹底させた上で、式を執り行いました。

 辞令交付式では入職した職員に向けて、松島忠夫院長が「これから社会人として、医療人として皆さんの新たな人生がスタートします。医療人とは何か、どうすべきかを常に考えながら向上心を持って仕事にあたって頂きたいと思います。くれぐれも体には気を付けて頑張ってください」と激励の言葉を述べ、人見浩施設長は「これから皆さんは多くの悩みや障害を持つ人たちと関わることになります。院是に『すべては患者さんの為に』とあるように、患者さんの目線と立場で、思いやりの心を持って接してほしいと思います」と歓迎の挨拶を述べました。最後に阿部常務理事より、新入職員代表者へ辞令が交付されました。

 当法人は今回43名の職員を迎え、新たな体制で新年度をスタートしました。

news20210409_1
news20210409_2

2021年4月9日更新

みな・みな・ねっと4月号を発行しました

news20210401

 当院の広報誌「みな・みな・ねっと4月号」を発行しました。

 4月号の第1面は副院長・外科科長 吉野泰啓先生の「胃癌はピロリ菌除菌と早期発見で克服できる?!」を掲載しています。その他、薬局だより「不眠症について」、ワンポイントリハビリ「リハビリテーション部門の紹介」、南東北看護師コラム「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と糖尿病」、レシピ紹介「春を味わう♪コールスローサラダ」などの内容です。ぜひご覧ください。

 広報誌は院内各所に設置しております。また、こちらからもご覧頂けます。

2021年4月2日更新

みな・みな・ねっと3月号を発行しました

news20210305

 当院の広報誌「みな・みな・ねっと3月号」を発行しました。

 3月号の第1面は脳神経内科 光澤志緒先生の「うちのおばあちゃん、認知症なんじゃない?」を掲載しています。その他、薬局だより「ステロイド外用薬について」、ワンポイントリハビリ「職場環境と腰痛について」、南東北看護師コラム「手術に関連する感染の話」、レシピ紹介「春の香りを楽しむ♪せり蒸し」などの内容です。ぜひご覧ください。

 広報誌は院内各所に設置しております。また、こちらからもご覧頂けます。

2021年3月5日更新

当院へ車いすを寄贈して頂きました

news20210210

 令和3年1月28日(木)、株式会社楽天野球団様より車いす1台を寄贈して頂きました。

 同社は「イーグルスホームランチャリティー supported by SMBC日興証券」という地域貢献活動に取り組まれています。これは東北楽天ゴールデンイーグルスの選手がホームランを記録した試合数と同数の車椅子を東北各地の施設に寄附をするというもので、この度当院に寄贈頂く運びとなりました。

 車いすは院内にて活用させていただきます。同社の取り組みに敬意を表し、厚く御礼申し上げます。

2021年2月10日更新

一般社団法人 日本腹部救急医学会
腹部救急認定医・教育医制度認定施設に認定されました

news20210209

 社会医療法人 将道会 総合南東北病院は令和3年1月1日付で一般社団法人 日本腹部救急医学会 腹部救急認定医・教育医制度認定施設に認定されました。

 腹部救急教育医または腹部救急暫定教育医が1名以上常勤として在籍することや、組織的に腹部救急疾患の診察を行っているなどの要件を満たしたとして、同学会より認定を受けました。

 今後も専門医の育成及び、より一層安全で精度の高い診断と治療を地域の人々に提供できるよう尽力していく所存です。

2021年2月9日更新

みな・みな・ねっと2月号を発行しました

news20210205

 当院の広報誌「みな・みな・ねっと2月号」を発行しました。

 2月号の第1面は放射線科科長 鈴木 考先生の「『運動』足りてますか?」を掲載しています。その他、薬局だより「保湿剤について」、ワンポイントリハビリ「腰痛体操で予防しようPart2~寝てできる腰痛体操~」、南東北看護師コラム「手術を安全にうけていただくために」、レシピ紹介「寒さに負けない!タラのさっぱり南蛮漬け」などの内容です。ぜひご覧ください。

 広報誌は院内各所に設置しております。また、こちらからもご覧頂けます。

2021年2月5日更新

みな・みな・ねっと1月号を発行しました

news20210119

 当院の広報誌「みな・みな・ねっと1月号」を発行しました。

 1月号の第1面は渡邉一夫 理事長の「新年のご挨拶」を掲載しています。その他、薬局だより「インフルエンザ治療薬について」、ワンポイントリハビリ「腰痛体操で予防しようpart1~座ってできる腰痛体操~」、南東北看護師コラム「骨粗鬆症とはどんな病気?」、レシピ紹介「カルシウム豊富!簡単チーズリゾット」などの内容です。ぜひご覧ください。

 広報誌は院内各所に設置しております。また、こちらからもご覧頂けます。

2021年1月19日更新

あけましておめでとうございます

 謹んで新年のご挨拶を申し上げますとともに、皆様のご健康をお祈り申し上げます。

 2021年も当院の様々な情報をお届けして参りますので、よろしくお願い致します。

news20210101
 

2020年1月1日更新

トピック&ニュース一覧はこちら

ftr_logo

〒989-2483 宮城県岩沼市里の杜一丁目2-5
TEL 0223-23-3151 FAX 0223-23-3150

個人情報保護法施行により、ホームページに掲載されている写真はご本人の承諾を得ております。

Copyright c 2005 Minami Tohoku Hospital. All Rights Reserved