【宮城県岩沼市】24時間救急診療を提供できる救急指定病院。土曜診療も受付可。
宮城県岩沼市 社会法人将道会 総合南東北病院-救急指定病院-

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

診療受付時間(月~土 8:30)休診日(日・祝・年末年始12/30-1/2)

top_set_01-1 top_set_01-2 top_set_01-3

トピック&ニュース

ホーム 当院について 診療科のご案内 健診のご案内 採用情報 交通アクセス

糖尿病教室が行われました

news20170714

 糖尿病教室が6月8日(木)午後2時から当院内で行われ、25名の方が参加しました。今回は、リハビリテーション科 但野祥吾 理学療法士が「楽しく始める~糖尿病の運動療法~」というテーマで話しました。

 但野さんは、糖尿病の病態や合併症について説明した後、運動療法の効果や方法、注意点について詳しく話しました。運動療法のポイントとして①有酸素運動と筋力トレーニングを組み合わせて行うと効果的②有酸素運動は1回30分間、週3~5回を目安③強度は「楽~ややきつい」「会話しながら運動を続けることができる」程度、などを挙げました。

 説明後、一緒に参加していた理学療法士らも加わり、力を入れるポイントや身体の動かし方などを個別にアドバイスしながら筋力トレーニングを行いました。参加者たちは、整理体操で気持ちよく筋肉を伸ばしていました。

2017年7月14日更新

第56回健康医学セミナーが開催されました

news20170713

 第56回健康医学セミナーが6月12日(月)午後2時から当院2階講堂で開催され、110名の方が参加しました。今回は水野順一 理事長特別補佐監兼執行本部長・低侵襲脊髄手術センター長が脊髄疾患 全2回シリーズ(5月・6月)第2回「手足のしびれについて」と題して話しました。

 手足のしびれは加齢が原因の場合がありますが、頚椎椎間板ヘルニアや頚椎症、後縦靭帯骨化症(OPLL)、腰部脊柱管狭窄症などの脊椎疾患の他に、糖尿病や肺疾患、心臓疾患が原因となっていることがあるそうです。水野先生は実際の症例や診断結果等を説明しながら、「たかが腰痛と思わず、こんなに痛むのはおかしいと思ったら、早めに受診して適切な治療を受けることが大切です」と話しました。

 また、がんが脊椎脊髄へ転移した場合の危険性について解説があり、早期発見のためPETがん検診、MRI、CT等の検査を欠かさないことが大切とのことです。もし、がんと診断された場合は、脊椎脊髄転移の危険なサインである頸部痛や背部痛、腰痛が出現したら放置せずに、速やかに病院を受診するよう説明しました。

 参加者からは自分の症状等について質問があり、今回のテーマに対する関心の高さがうかがえました。

2017年7月13日更新

第55回健康医学セミナーが開催されました

news20170711

 第55回健康医学セミナーが5月15日(月)午後2時から当院2階講堂で開催され、138名の方が参加しました。今回は水野順一 理事長特別補佐監兼執行本部長・低侵襲脊髄手術センター長が脊髄疾患 全2回シリーズ(5月・6月)第1回「腰痛について」と題して話しました。

 日本の腰痛の患者さんは約2800万人と言われ、45歳以下の方の最も頻度が高い受診理由となっているそうです。水野先生は、腰痛をきたす代表的な脊椎脊髄疾患である、腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニア、腰椎変性すべり症等の病態や治療法について、イラストや画像、実際の顕微鏡・内視鏡手術の映像を用いながらわかりやすく説明しました。

 講演の後半では、症状とその原因となる疾患について「動作で悪化する腰痛は、腰椎の変形、すべり、側弯などの背骨の異常によることが多い」「尻もちをついて腰痛がでたら、圧迫骨折を考える」等と解説しました。また、手術法を決定する考え方について触れながら、当科における腰痛の治療方針に関して詳しく説明しました。

 講演後には多くの質問や相談が寄せられ、水野先生は一人ひとりへ丁寧に回答しました。

2017年7月11日更新

第5回「千年希望の丘」植樹祭2017に参加しました

 「千年希望の丘」植樹祭2017(主催 千年希望の丘植樹祭実行委員会:岩沼市、鎮守の森のプロジェクト、森の防潮堤協会、千年希望の丘協会)が5月27日(土)岩沼市新浜地区で行われ、当院から15名の職員が参加しました。

 「千年希望の丘」植樹祭は2013年に、岩沼市の沿岸部に30万本の苗木で南北10kmの「命を守る緑の防潮堤」を築くことを目的として始まりました。5回目となる今回は、参加者約4000人がシラカシやヤマザクラなど21種類3万本の苗木を植樹しました。

 参加した職員は「たくさんの方々が復興のために参加して素晴らしいプロジェクトだと感じた。早く苗木が育ち緑の防潮堤が築ければよいと思う」「初めて参加したが、自分が暮らしている地域に貢献ができてよかった」などと感想を話していました。

news20170710

2017年7月10日更新

みな・みな・ねっと7月号を発行しました

news20170707

 当院の広報誌「みな・みな・ねっと7月号」を発行しました。

 7月号の第1面は武蔵美保 循環器科医長の「心筋梗塞を発症する前に〜心臓ドックをご存知ですか?〜」を掲載しております。その他、ワンポイントリハビリ「糖尿病の運動療法について」、薬局だより「成人用の薬 半分なら子供に使っても大丈夫?」、認定看護師コラム「がん治療中の補完代替え療法のこと」、レシピ紹介「夏野菜が美味しい!大分県の郷土料理 こねり」などの内容です。また、7月22日(土)開催予定の「南東北夏まつり」で使えるクーポン券も掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

 広報誌は院内各所に設置しております。また、こちらからもご覧頂けます。

2017年7月7日更新

第57回 健康医学セミナー開催のお知らせ

 総合南東北病院の第57回健康医学セミナーは7月29日(土)午後1時から当院2階講堂で開かれます。今回は、総合南東北病院 小林義尊 整形外科科長が「骨折予防と治療」と題して講演します。

 思いあたる原因がないのに突然起こる骨折には、疲労骨折や骨粗鬆症等が原因で骨折してしまう病的骨折などがあります。また、高齢になり骨折すると、治療後の回復が遅いため寝たきりとなる方も少なくありません。そのため、日頃から骨折を予防することが大切です。

 今回のセミナーでは、骨折の原因や予防、治療についてわかりやすくお話しします。

 事前予約不要。入場無料です。お気軽にご参加ください。

2017年7月6日更新

南東北夏まつりを開催します!

news20170705

 7月22日(土)午前10時30分から、当院北側駐車場で、第11回 南東北夏まつりを開催いたします(小雨決行、雨天時は一部プログラムが変更となる場合がございます)。

 ステージでは、毎年恒例のよさこい競演をはじめ、「潮騒太鼓」による和太鼓ステージ、Duoグループ「Feather(フェザー)」のライブイベント、佐藤登喜雄さんの歌謡ショー、岩沼市の社会人を中心とした吹奏楽団「ウィンドアンサンブル ブレーメン」の演奏など、様々なイベントを行います。

 また、食べ物屋台や子供屋台、産直コーナー、毎年好評の「松島院長 写真展」もあります。楽しいイベントをたくさん企画していますので、皆さんのご来場をお待ちしております。

2017年7月5日更新

南東北在宅支援セミナーが行われました

 社会医療法人 将道会 南東北在宅支援セミナーが6月15日(木)午後2時から当院2階講堂で行われました。このセミナーは、近隣市町の介護保険担当課、ケアマネジャー、地域包括支援センター、介護サービス事業所の皆様に、地域の医療・福祉に貢献したいという将道会の理念や姿勢を知って頂くことを目的として、毎年開催しています。

 伊東信子 看護部長の挨拶に続き、第1部は近藤健男 リハビリテーション科科長が「嚥下障害について」と題して講演しました。第2部は言語療法室、栄養管理課、南東北訪問看護ステーション、介護老人保健施設サニーホームの各担当者が嚥下障害の利用者さんに対する取り組みを交え活動を紹介しました。

 今回は岩沼市、名取市、亘理町、山元町、柴田町の事業所から44人の方が参加し、「嚥下障害への理解を深めることができた」「講演テーマに合わせて事例が聞けて良かった」「各事業所の取り組みを知ることができた」等と感想を話していました。

 今後もセミナーを通して当法人の取り組みをより多くの方に知って頂き、在宅に携わる各事業所との地域連携のさらなる強化を図りたいと考えております。

 南東北在宅支援セミナー実行委員長 通所リハビリテーション 深沼美和

news20170704

2017年7月4日更新

岩沼市の植栽活動に参加しました

news20170703

 岩沼市の植栽活動が6月17日(土)午前9時から行われ、当法人からは3人が参加し、地域住民の皆さんと一緒に、里の杜地区道路沿いの花壇にマリーゴールドを植えました。岩沼市では、公共の場の花壇やプランターに植栽する活動を行い、毎年春と秋の年2回、花の植替えをしています。

 吉﨑純一里の杜2丁目町内会長は開会の挨拶の後、植える深さや間隔など花苗の植え方について話しました。また、植栽後は花を摘むと根付きが良くなるとアドバイスしました。花があると栄養がすべて花に取られてしまい、根を張る方に栄養が行き渡らないとのことでした。花を摘むことで、根付きが良くなり大きくきれいに咲くようになるそうです。

 それらのアドバイスを参加者同士で確認し合ったり、地域の皆さんと話をしながら熱心に植栽活動が行われました。

 花壇は、地域の皆さんの協力で管理されています。病院にお越しの際は、鮮やかな色のマリーゴールドもぜひご覧ください。

2017年7月3日更新

← 6月

トピック&ニュース一覧はこちら

〒989-2483 宮城県岩沼市里の杜一丁目2-5
TEL 0223-23-3151 FAX 0223-23-3150

Copyright c 2005 Minami Tohoku Hospital. All Rights Reserved