【宮城県岩沼市】24時間救急診療を提供できる救急指定病院。土曜診療も受付可。
宮城県岩沼市 社会法人将道会 総合南東北病院-救急指定病院-

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

診療受付時間(月~土 8:30)休診日(日・祝・年末年始12/30-1/2)

top_set_01-1 top_set_01-2 top_set_01-3

広報誌「みな・みな・ねっと」

ホーム 当院について 診療科のご案内 健診のご案内 採用情報 交通アクセス

認定看護師コラム

脳血管障害とお口の健康について

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 澤邉 晃永

 今回は「歯の健康を保つことは脳血管障害の予防に重要」というお話です。脳血管障害は脳梗塞、脳出血などの脳の血管に関する病気です。発症してしまうと後遺症が残ることがあります。ですから病気にならないために予防することが大切です。これらの病気の主因は動脈硬化と言われています。動脈硬化は血管内にプラーク(粥状の脂肪性沈着物)が蓄積し、血管が細くなります。これまで動脈硬化の原因は不適切な生活習慣や運動不足、ストレスとされてきました。そして、これら以外の因子として歯周病原因菌の感染が注目されてきました。歯周病とは歯と歯茎の境界にある溝にたまった細菌の塊が原因で起こる慢性細菌感染です。歯周病を放置すると歯茎や歯を支える骨が破壊されて最後には歯が抜けてしまいます。そして、原因菌の刺激により動脈硬化を誘導する物質が出ることで動脈硬化を促進してしまいます。また、脳梗塞においては歯周病の人とそうでない人では2.8倍脳梗塞になりやすいとも言われています。

 ただ毎日、歯磨きをしていても、一人でお口の健康を十分に保ち管理することは難しいようです。半年に1回程度は歯科医を受診し、歯のメンテナンスを行うことを脳血管障害予防の生活習慣に取り入れてはいかがでしょうか。

▲みな・みな・ねっと 5月号に戻る

〒989-2483 宮城県岩沼市里の杜一丁目2-5
TEL 0223-23-3151 FAX 0223-23-3150

Copyright c 2005 Minami Tohoku Hospital. All Rights Reserved