【宮城県岩沼市】24時間救急診療を提供できる救急指定病院。土曜診療も受付可。
宮城県岩沼市 社会法人将道会 総合南東北病院-救急指定病院-

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

診療受付時間(月~土 8:30)休診日(日・祝・年末年始12/30-1/2)

top_set_01-1 top_set_01-2 top_set_01-3

広報誌「みな・みな・ねっと」

ホーム 当院について 診療科のご案内 健診・PETのご案内 採用情報 交通アクセス

ワンポイントリハビリ

一息つきませんか?・・・深呼吸のすすめ

リハビリテーション科 理学療法士 内海 妙子

 5月病という言葉がありますが、新年度になりみなさんいかがお過ごしでしょうか?体調など崩していませんか?今回は、簡単にできるリラックス方法として、深呼吸についてご紹介したいと思います。

■深呼吸の効果とは

☆ゆったり深い呼吸?精神の緊張緩和

☆ゆっくりとしたリズミカルな呼吸?心の落ち着きと集中力向上

■まず呼吸とは・・・

当たり前ですが、息を吸ったり吐いたりすることです。
呼吸をするための代表的な筋肉が横隔膜です。
焼肉のメニューでいうと「ハラミ・サガリ」の部分だそうです。
安静にしている時の呼吸量は、約7~8割がこの横隔膜によって賄われています。

minaminanet201805_2_1

*自然に息を吐く時、筋肉はほぼ使わない。

■深呼吸の方法

呼吸法にはいくつかあります。
今回ご紹介したい“深呼吸”は、「腹式呼吸(別名:横隔膜呼吸)」といわれる呼吸法で、息を吸った時にお腹を膨らませる(=横隔膜の収縮)呼吸法です。

minaminanet201805_2_2

準備:両手を重ねてお腹に当てて息を吐きます。*1拍1秒

①お腹を意識して、ゆっくり息を吸います。(5拍)

②ゆっくりと息を吐きます。(10拍)

☆息を吐いて、最後に臍を凹ますようにお腹に力を入れると、腹筋トレーニング(腹圧上昇)にも効果的。

☆拍数は目安です。無理ないきみ(息止め)はせず、ゆったり楽に呼吸するようにしましょう。

【注意】

 呼吸器疾患をお持ちの方など、今回ご紹介した呼吸法が体の状態に適さない(逆効果を生む可能性もあります)方もいらっしゃいます。不安のある方は、主治医もしくはリハビリスタッフへご相談ください。

▲みな・みな・ねっと 5月号に戻る

〒989-2483 宮城県岩沼市里の杜一丁目2-5
TEL 0223-23-3151 FAX 0223-23-3150

Copyright c 2005 Minami Tohoku Hospital. All Rights Reserved