【宮城県岩沼市】24時間救急診療を提供できる救急指定病院。土曜診療も受付可。
宮城県岩沼市 社会法人将道会 総合南東北病院-救急指定病院-

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

診療受付時間(月~土 8:30)休診日(日・祝・年末年始12/30-1/2)

top_set_01-1 top_set_01-2 top_set_01-3

広報誌「みな・みな・ねっと」

ホーム 当院について 診療科のご案内 健診・PETのご案内 採用情報 交通アクセス

東日本大震災から7年

脳神経外科科長 風間 健

 総合南東北病院に勤務する日は毎日、8階からわずかに見える海を眺め、今日も海が穏やかで良かった、と考えてから、仕事が始まります。2011年3月11日、千年に一度と言われる東日本大震災、津波、原発事故が起きました。当時、長野在住でしたが、とても心が痛む出来事で、以後、つねに注目しています。震災1か月後には、石巻に医療救護班として2泊4日の日程で、応援に来させて頂いています。

 2015年1月からは、総合南東北病院に勤務し始め、東北復興を目指す一員として、参加させていただいています。あまり語りたくない方もいるかとは思いますが、診療中に被災した話を聞くと、何とかこの方の復興の応援をしたい、と診療に熱が入ります。

 震災後7年が経過、2018年3月9日現在、死者15,895人、行方不明2,539人、震災関連死を合わせると2万2千人超となるようです。避難者はまだ7万3千人あまり、プレハブの応急仮設住宅に住む被災者は13,500人ほどと、まだ復興は道半ば、あるいは始まったばかりかもしれません。

 テレビ、新聞、インターネットのニュースなどで、常に情報を収集していますが、徐々には復興は進んでいるようです。被災者向け災害公営住宅は計画の9割が完成。北海道から千葉までの太平洋側沿岸の国や自治体の津波被災した127か所の防波堤は、6月までに被災前の状態まであるいは防災力を強化した、復旧の目途がたったようです。

 またこの7年のうちに、様々な応援が世界中から東北に届いているようです。なかでも「家や道路などは壊されても、たとえ体が壊されて亡くなっても、心は壊されないで済むこともできる」や、「冬が必ず春になるように、今は冬のように大変でも、頑張っていれば必ず春のような日々がおとずれる」などのような応援には大変に感銘を受け、紹介させていただきます。

 「最後の1人が自分の力で立ち上がるまで応援する」という応援もあり、私自身も応援を続けたいと思っています。

▲みな・みな・ねっと 5月号に戻る

〒989-2483 宮城県岩沼市里の杜一丁目2-5
TEL 0223-23-3151 FAX 0223-23-3150

Copyright c 2005 Minami Tohoku Hospital. All Rights Reserved