【宮城県岩沼市】24時間救急診療を提供できる救急指定病院。土曜診療も受付可。
宮城県岩沼市 社会法人将道会 総合南東北病院-救急指定病院-

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

診療受付時間(月~土 8:30)休診日(日・祝・年末年始12/30-1/2)

top_set_01-1 top_set_01-2 top_set_01-3

広報誌「みな・みな・ねっと」

ホーム 当院について 診療科のご案内 健診のご案内 採用情報 交通アクセス

認定看護師コラム

冬場に気をつけたい入浴事故 「ヒートショック」

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 澤邉 晃永

 一段と寒さが厳しくなってきました。こんな時は温泉に浸かりゆっくりと過ごしたいものです。さて、寒さが増してきたこの時期の入浴で気をつけたいことがあります。それは「ヒートショック」と呼ばれるものです。ヒートショックとは、温度の急激な変化で血圧が上下に変動することによっておこる健康被害です。特に、高齢者に多く失神や心筋梗塞、不整脈、脳梗塞を起こすことがあり、やはり冬場に多くみられるそうです。私は脳卒中予防の観点からも注意が必要な現象だと考えています。ここでいくつかの簡単な予防法を紹介します。

1.室内、脱衣所、浴室の温度差をなくす

脱衣所ではセラミックヒーターなどの簡易ヒーターを使用しましょう。また、浴室では事前に換気装置についている暖房をつける、もしくは浴槽の蓋をあけて蒸気の温度を利用しましょう。

2.心臓の負担を軽減するかけ湯、入浴

浴室では、かけ湯も入浴も「おへそから下」へ行いましょう。肩から掛け湯をすると冷えるのですぐに湯船につかってしまい、心臓への負担が大きくなります。

3.湯船の温度

お湯の温度は41度以下を心がけましょう。

 いかがでしたでしょうか?ちなみに私は、寒くなってからは入浴前に浴室の暖房をいれるようにしています。一番冷える脱衣所の保温については、場所やコスト、子供や両親が火傷しないかとあれこれ検討中です。それでは皆様、寒い冬ですが健康にお過ごしください。

▲みな・みな・ねっと 1月号に戻る

〒989-2483 宮城県岩沼市里の杜一丁目2-5
TEL 0223-23-3151 FAX 0223-23-3150

Copyright c 2005 Minami Tohoku Hospital. All Rights Reserved