【宮城県岩沼市】24時間救急診療を提供できる救急指定病院。土曜診療も受付可。
宮城県岩沼市 社会法人将道会 総合南東北病院-救急指定病院-

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

診療受付時間(月~土 8:30)休診日(日・祝・年末年始12/30-1/2)

top_set_01-1 top_set_01-2 top_set_01-3

広報誌「みな・みな・ねっと」

ホーム 当院について 診療科のご案内 健診のご案内 採用情報 交通アクセス

薬局だより

風邪とインフルエンザの治療薬について

薬局 薬剤師 佐藤 夏美

風邪とインフルエンザの違い

  風邪 インフルエンザ
発症時期 1年を通して散発的 冬期
主症状 上気道症状 全身症状
発熱 ない もしくは 微熱(37~38℃) 高熱(38℃以上)
進行 ゆるやか 急激
原因ウイルス ライノウイルス    
コロナウイルス    
アデノウイルス  等
インフルエンザウイルス
治療 多くが自然治癒 抗インフルエンザ薬

風邪の治療

風邪を治す薬はありません。風邪を治すためではなく、鼻水やのどの痛みなどの症状を抑えるために薬を服用します。原因の多くはウイルスのため、抗菌薬は効きませんが、風邪で体が弱ったときの二次感染を防ぐ目的などで抗菌薬が処方されることがあります。

インフルエンザの治療

インフルエンザに対しては、体内にいるウイルスの増殖を防ぐ抗ウイルス薬が有効です。抗ウイルス薬を発症後すぐに服用を開始すると、服用していない場合と比べて発熱期間が1~2日短縮され、ウイルスの排泄量も減少し、症状が徐々に改善されていきます。内服薬の「タミフル」、吸入薬の「リレンザ」「イナビル」、点滴の「ラピアクタ」があり、患者さんの状態に合わせて処方されます。

 風邪もインフルエンザも、石鹸を使用しての手洗いと丁寧なうがいによる予防がとても大切です。予防をしっかり行い、冬を乗り切りましょう!!

▲みな・みな・ねっと 1月号に戻る

〒989-2483 宮城県岩沼市里の杜一丁目2-5
TEL 0223-23-3151 FAX 0223-23-3150

Copyright c 2005 Minami Tohoku Hospital. All Rights Reserved