【宮城県岩沼市】24時間救急診療を提供できる救急指定病院。土曜診療も受付可。
宮城県岩沼市 社会法人将道会 総合南東北病院-救急指定病院-

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

診療受付時間(月~土 8:30)休診日(日・祝・年末年始12/30-1/2)

top_set_01-1 top_set_01-2 top_set_01-3

診療科のご案内

ホーム 当院について 診療科のご案内 健診のご案内 採用情報 交通アクセス

形成外科

診療体制

曜日 担当医師 診療時間
休診
休診
安倍 徳寿

午前:手術の為休診

午後:14:00~16:30

安倍 徳寿(11/9・30)

午前:9:00~11:30

午後:手術の為休診

ローテーション

午前:9:00~11:30

午後:手術の為休診

ローテーション

午前:9:00~11:30

※諸事情により診察時間、担当医師が変更になる場合がございます。

形成外科とは

簡単に言うと、「体の表面の何らかの問題点を、主に外科的治療によって治療する」診療科です。生まれつき、あるいは怪我や癌などの病気で生じた問題点(皮膚や骨の欠損、腫瘍、きず、床ずれなど)を、見た目および機能を正常に近づけることを目標とします。

当科で扱う疾患

・きず、やけど、床ずれに対する湿潤療法

きずが治る過程においては、きずが適切に湿った(湿潤)環境を作る必要があります。適切に湿潤環境を保つことで、治癒を早めることや、痛みの少ない治療を行うことが可能になります。

・皮膚、皮下腫瘍(粉瘤、ほくろ、脂肪腫など)

多くは日帰り手術が可能です。術後のきずがなるべく目立たないよう、細心の注意を払って治療を行っております。

・陥入爪、巻き爪

以前からこれらに対しては手術が盛んに行われてきましたが、足の爪は体重を支える大切な組織であり、安易に手術を行うことはせず、ワイヤー治療などの保存的治療を主体に行っております。治療に抵抗する場合は手術を考慮します。

・手や指の外傷、切断指、外傷後の組織欠損

緊急手術を要する場合にも可能な限り対応しております。また、マイクロサージャリーによる組織欠損の再建も行っております(手指の欠損に対する足趾移植など)。

・瘢痕、瘢痕拘縮、ケロイド

けがなどによるものや、手術によるきずあとなどを治療します。きずあとでお悩みの方は是非ご相談下さい。

・その他

下肢静脈瘤、顔面骨骨折、顔面神経麻痺の再建など、形成外科疾患全般に対応しております。

〒989-2483 宮城県岩沼市里の杜一丁目2-5
TEL 0223-23-3151 FAX 0223-23-3150

Copyright c 2005 Minami Tohoku Hospital. All Rights Reserved