【宮城県岩沼市】24時間救急診療を提供できる救急指定病院。土曜診療も受付可。
宮城県岩沼市 社会法人将道会 総合南東北病院-救急指定病院-

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

診療受付時間(月~土 8:30)休診日(日・祝・年末年始12/30-1/2)

top_set_01-1 top_set_01-2 top_set_01-3

診療科のご案内

ホーム 当院について 診療科のご案内 健診・PETのご案内 採用情報 交通アクセス

脳神経外科・脊髄脊椎外来

医師紹介

氏名 資格
西村 真実 日本脳神経外科学会認定 脳神経外科専門医
日本脳神経血管内治療学会認定 日本脳神経血管内治療専門医
日本脳卒中学会認定 脳卒中専門医
松島 忠夫 日本脳神経外科学会認定 脳神経外科専門医
松山 純子 日本脳神経外科学会認定 脳神経外科専門医
冨井 雅人 日本脳神経外科学会認定 脳神経外科専門医
日本脊髄外科学会認定 脊椎脊髄外科専門医
風間 健 日本脳神経外科学会認定 脳神経外科専門医
日本脳卒中学会認定 脳卒中専門医
窪田 圭一 日本脳神経外科学会認定 脳神経外科専門医
奥山 澄人 日本脳神経外科学会認定 脳神経外科専門医
齋藤 真  

診療体制について

曜日 担当医師 診療時間
松島
西村
松山
齋藤
午前:8:45~11:30
西村
奥山(10/5・12・19)
脊髄脊椎外来:土井(10/5・26)
       水野(10/12)
       野手(10/19)
午前:8:30~11:30
冨井(要問合せ)
風間(要問合せ)
小沼
脊髄脊椎外来:松島(予約のみ)
午前:8:30~11:30
西村
窪田
奥山(予約のみ)
脊髄脊椎外来:冨井
午前:8:30~11:30
松島(10/1・15・22)
松山
小沼
脊髄脊椎外来:風間(要問合せ)
午前:9:00~11:30
ローテーション(脊髄脊椎要問合せ) 午前:8:30~11:30

※諸事情により診察時間、担当医師が変更になる場合がございます。

主な症状

手足のしびれや痛み、頭痛、ふるえ、めまい、手足が動かしにくい言葉が話しづらい、頭部のけが

主な病名

脳内出血、くも膜下出血、脳梗塞、脳腫瘍、頭部打撲、一過性脳虚血発作(TIA)、硬膜下血腫、硬膜外血腫、脳挫傷、髄膜炎など

脳神経外科ご挨拶

 2011年7月脳卒中センター長として当院に赴任し8年が経ちました。2012年2月脳神経外科部長を拝命し、現在に至ります。

 当院は、宮城県県南にあり、背景人口は約14万人の中核病院です。現在、当科のスタッフは8名で、脳神経外科、脊椎脊髄外科の治療にあたっております。

 当院脳神経外科の年間手術件数は脳動脈瘤根治術、血行再建術、脊椎脊髄手術を中心に約300~400件となっています。2016年5~12月には私くしがドイツINI (International Neuroscience Institute, Hannover)(写真1)に留学し手術件数は減少いたしましたが、2017年、2018年も年間300件以上のペースで手術を行っております。

 当科は仙台市をはじめとする宮城県下でも、三叉神経痛・顔面痙攣・舌咽神経痛に対する微小血管減圧術、頚部内頚動脈狭窄症に対する内膜剥離術、脊椎脊髄疾患の手術件数が最も多い脳神経外科です。

 当科では、ドイツINI (Prof. H. Bertalanffy)(写真2)から学んで参りました座位手術(写真3)を導入しております。この方法は、現在日本ではあまり行われていない方法ですが、多くの利点があり当院では積極的に導入しており、2017年3月より現在まで約30例の治療経験数となっています。

 最新の手術機器を導入し術中血管撮影、術中モニタリングにも重点をおき、患者さんのために最も適した治療法は何かを念頭に考え、安全性・確実性に十分配慮し最先端・最善の治療法を選択して参ります。またリハビリ部門も充実しており、脳卒中および脊椎脊髄疾患急性期から維持期、慢性期まで安心して入院治療を継続していただける体制を整えております。

(2019年 7月)

院長 兼 脳神経外科部長 西村真実

nougeka_01

1.(International Neuroscience Institute, Hannover)

nougeka_02

2.(Prof. H. Bertalanffy)

nougeka_03

3.(座位手術)


脳神経外科後期研修医募集について

 当院は仙台近郊の仙南地区にあり、仙台空港にも近接しており、JRあるいは高速道路を利用して仙台駅までも近く、交通の便が良好です。

 当科の特徴は、脳卒中急性期の初期対応から亜急性期、回復期までの治療をストーリー性をもって一貫して行える点です。またリハビリ体制が整っており、担当技師数は、宮城県随一です。

 未破裂脳動脈瘤・内膜剥離術・微小血管減圧術・脊椎脊髄手術などの顕微鏡手術が定期的にコンスタントにあり、若いうちから顕微鏡手術の術者・助手として勉強できる環境にあります。また麻酔科、循環器科のバックアップ体制が整っており、手術までのフットワークが良い点も特徴です。

 当科ではone burr hole surgeryから基本を徹底的に学び、原則、脳神経外科専門医取得予定1年前からmajor手術の執刀医となり年間20件以上のmajor手術をコンスタントに完遂しています。脳神経外科専門医取得後の2名の医師の手術件数です。

  破裂脳動脈瘤clipping 未破裂脳動脈瘤clipping 脳腫瘍摘出術 内膜剥離術(CEA) bypass術
入職7年目医師、
専門医取得2011年
30 73 10 52 1
入職6年目医師、
専門医取得2015年
25 22 6 30 6

(2018年10月31日現在)

 皆さんの最大の関心は、今後の脳神経外科専門医取得であろうかと思います。当科は本院(郡山)である総合南東北病院脳神経外科(施設番号203)を専門研修プログラム基幹施設としており、その連携施設となっています。また、東北大学大学院医学系研究科神経外科学分野の関連施設にもなっています。一定期間(約6か月)本院での研修が必要ですが、当科で研修を行い専門医取得が可能です。また博士号取得のために各大学脳神経外科入局も随時相談可能です。

 患者様の生命にかかわる治療に携わっていますので、楽しくけれども厳しくをモットーに研修してもらっています。ぜひ、当科に後期研修医としていらしてください。いつでもご相談ください。お待ちしています。

院長 兼 脳神経外科部長 西村真実

ftr_logo

〒989-2483 宮城県岩沼市里の杜一丁目2-5
TEL 0223-23-3151 FAX 0223-23-3150

個人情報保護法施行により、ホームページに掲載されている写真はご本人の承諾を得ております。

Copyright c 2005 Minami Tohoku Hospital. All Rights Reserved