【宮城県岩沼市】24時間救急診療を提供できる救急指定病院。土曜診療も受付可。
宮城県岩沼市 社会法人将道会 総合南東北病院-救急指定病院-

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

診療受付時間(月~土 8:30)休診日(日・祝・年末年始12/30-1/2)

top_set_01-1 top_set_01-2 top_set_01-3

広報誌「みな・みな・ねっと」

ホーム 当院について 診療科のご案内 健診・PETのご案内 採用情報 交通アクセス

南東北看護師コラム

がん遺伝子検査とがんゲノム医療

外来看護師長 がん化学療法看護認定看護師 佐藤 あや

 がんの治療は日々、目覚ましい進歩を遂げていますが、最近「遺伝子検査」や「ゲノム医療」という言葉を耳にしたことはないでしょうか。 少し難しい話にもなりますが、簡単に説明したいと思います。

 まず遺伝子検査についてですが、肺がんや乳がん、大腸がんでは医師の判断のもと、既に行われている検査です。 血液や腫瘍の細胞などを調べるのですが、この遺伝子検査の結果で①がんの診断や、②薬が効きそうかの判断、③副作用が出やすいかの判断が行われます。これは、化学療法に使用する抗がん剤を選択する上で重要な情報となります。

 次にゲノム医療です。ゲノムとは身体をつくる設計図のようなもので、一人一人違います。 ゲノム医療とは、多数の遺伝子を同時に調べて、一人一人の体質や病状に合わせて行う、個別的な治療になります。 個別的な治療になりますね。この検査は一部のがん拠点病院で「がん遺伝子パネル検査」として行われています。 しかし、この検査が行えるのは標準治療がない等の様々な条件を満たしている場合です。 検査の結果で効果が期待できる薬がある場合は臨床試験等も含め、その薬を検討します。 しかし、自分に合う薬の治療に結びつく可能性は10% 程度と言われています。

minaminanet202107_4_1

 化学療法を行う際には、その疾患別に使用できる複数の抗がん剤で作られている「レジメン」というものを選択します。 少しでも効果があり、日常生活に影響が少ないようにと願いながら治療を行っていきます。

 

▲みな・みな・ねっと 7月号に戻る

ftr_logo

〒989-2483 宮城県岩沼市里の杜一丁目2-5
TEL 0223-23-3151 FAX 0223-23-3150

個人情報保護法施行により、ホームページに掲載されている写真はご本人の承諾を得ております。

Copyright c 2005 Minami Tohoku Hospital. All Rights Reserved