【宮城県岩沼市】24時間救急診療を提供できる救急指定病院。土曜診療も受付可。
宮城県岩沼市 社会法人将道会 総合南東北病院-救急指定病院-

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

診療受付時間(月~土 8:30)休診日(日・祝・年末年始12/30-1/2)

top_set_01-1 top_set_01-2 top_set_01-3

広報誌「みな・みな・ねっと」

ホーム 当院について 診療科のご案内 健診・PETのご案内 採用情報 交通アクセス

薬剤科だより

熱中症になりやすい人とは?

薬剤科 薬剤師 妻神 菜奈子

 熱中症とは、めまいや頭痛・けいれん・意識障害など、様々なからだの不調のことをいいます。暑さによって体温調節がうまくできなくなったり、体内の水分や塩分が失われたりすることが原因です。

熱中症になりやすい人

minaminanet202107_3_1

 高齢者や乳幼児、運動習慣がない人、太っている人、体調を崩している人、暑さに慣れていない人などが挙げられます。特に高齢者や乳幼児は、体内に熱がこもりやすく、暑さを自覚しにくいこともあり注意が必要です。また、子どもは大人よりも身長が低く地面に近い分、アスファルトの照り返しの影響を受けやすくなることも要因のひとつになります。

 

「マスク熱中症」に注意

minaminanet202107_3_2

 人間のからだには体温調節機能が備わっているため、体温が上がり過ぎると皮ふを通して熱をからだの外に逃がしたり、汗をかくことで上がった体温を下げようとします。その機能の1つに「呼吸」がありますが、マスクをすると通常に比べ呼吸が妨げられ、体内の熱が放散しにくくなります。特に子どもはその影響が顕著に見られるため要注意です。 また、マスクをしていると口の渇きを感じにくくなり、水分補給が疎かになりがちです。こまめな水分補給を意識するようにしましょう。

 

minaminanet202107_3_3

熱中症予防のための水分補給のポイント

① 1回にコップ1杯(200ml)程度

② 通常は1時間おき、運動時は10~20分おき

③ 冷たすぎない水を(38℃以上の高熱時は除く)

 

最後に

minaminanet202107_3_4

 「おかしい」と感じることがあったらまずは体温を測ることをおすすめします。 普段より1度以上高い場合は要注意です。涼しいところで横になるなどして、熱が下がるまでからだを休めるようにしましょう。

 

▲みな・みな・ねっと 7月号に戻る

ftr_logo

〒989-2483 宮城県岩沼市里の杜一丁目2-5
TEL 0223-23-3151 FAX 0223-23-3150

個人情報保護法施行により、ホームページに掲載されている写真はご本人の承諾を得ております。

Copyright c 2005 Minami Tohoku Hospital. All Rights Reserved