【宮城県岩沼市】24時間救急診療を提供できる救急指定病院。土曜診療も受付可。
宮城県岩沼市 社会法人将道会 総合南東北病院-救急指定病院-

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

診療受付時間(月~土 8:30)休診日(日・祝・年末年始12/30-1/2)

top_set_01-1 top_set_01-2 top_set_01-3

部門一覧

ホーム 当院について 診療科のご案内 健診・PETのご案内 採用情報 交通アクセス

令和2年度リハビリテーション科新規採用職員

reha_staff_img_01

鈴木 壱心(令和2年度卒業)作業療法士

1人1人の患者様に丁寧で適切な作業療法を提供できるよう自己研鑽していきたいと思います。

須藤 隆太郎(平成29年度卒業)理学療法士

志を高く、目の前の課題解決に向けて日々精進して参ります。宜しくお願い致します。

馬場 未佳(令和2年度卒業)作業療法士

常に向上心を持ち、努力することを怠らずに笑顔で頑張ります。これから宜しくお願い致します。

岡田 梨夏子(令和2年度卒業)理学療法士

1日でも早く職場の環境に慣れ、自分ができる最大の治療を提供できる理学療法士になれるよう頑張ります。宜しくお願いします。

リハビリテーション科課長より新入職員にむけて一言

 理学療法士2名・作業療法士2名・事務職1名の計5名の新入職員の皆さん、入職おめでとうございます。私たち職員一同、皆さんが仲間に入られる日を心待ちにしていました。

 4月2日の夕方には、新型コロナウイルス対策として春風を取り込みながら、運動療法室においてリハビリテーション科の対面式を行いました。先輩職員たちはユーモアたっぷりの司会進行の下、緊張感あふれる職場紹介、音楽とトークのコラボレーション、恒例となった性格占い、子を思う親心の紹介など、さまざまに趣向を凝らしたパフォーマンスで皆さんへの歓迎の気持ちを表現しました。 皆さんも初めは緊張の面持ちでしたが、リラックスした素敵な笑顔を見せてくれましたね。

 仕事を続けていく中で辛いこともあるかもしれませんが、この笑顔を忘れず、先輩職員の背中を追い、笑いのとれる…だけではなく信頼して頂けるセラピストを目指し、一緒に頑張りましょう。よろしくお願いします!

リハビリテーション科対面式

【緊張した面持ちの新入職員】

reha_staff_img_02

【温かく迎える職員】

reha_staff_img_03

【各部門の紹介・パフォーマンスの様子】

reha_staff_img_04

 

reha_staff_img_04

reha_staff_img_04

reha_staff_img_04

リハビリテーション科平成31年度入職職員の新人研修が無事修了しました

 当院では、新人教育プログラムを約2年と定めています。新人職員は、生活期の事業所研修を行いながら、一般病棟と回復期病棟にそれぞれ1年配属され仕事にあたります。先日、無事に新人研修期間を終えた職員7名に対し、修了証が交付されました。

reha_kenshu_img_01
reha_kenshu_img_02

~新人研修を終えて~

 新人研修を通して、様々な疾患に対するリハビリを学ぶことができました。患者さんの幸福を考えたとき、ただ身体機能を改善させるだけでなく、他職種との連携や情報収集も重要であることに気付いた2年間でした。今後も自己研鑽を怠らず、患者さんのために日々成長していけるように努力していきます。

 新人研修では様々な病棟で色々な疾患に対するリハビリを学ぶことができました。日々患者さんと関わる中で、家族構成・自宅環境の確認を円滑に実施し入院中の治療プログラムに取り入れていく大切さを学びました。これらの経験を土台とし患者さんの退院後の生活に寄り添える作業療法士になるために日々学ぶ姿勢を忘れずこれからの業務に励んでいきます。

ftr_logo

〒989-2483 宮城県岩沼市里の杜一丁目2-5
TEL 0223-23-3151 FAX 0223-23-3150

個人情報保護法施行により、ホームページに掲載されている写真はご本人の承諾を得ております。

Copyright c 2005 Minami Tohoku Hospital. All Rights Reserved