【宮城県岩沼市】24時間救急診療を提供できる救急指定病院。土曜診療も受付可。
宮城県岩沼市 社会法人将道会 総合南東北病院-救急指定病院-

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

診療受付時間(月~土 8:30)休診日(日・祝・年末年始12/30-1/2)

top_set_01-1 top_set_01-2 top_set_01-3

トピック&ニュース

ホーム 当院について 診療科のご案内 健診・PETのご案内 採用情報 交通アクセス

看護の日を記念したイベントが行われました

 5月12日は「看護の日」です。フローレンス・ナイチンゲールの誕生日であるこの日は、「看護の心をみんなの心に」というテーマのもと、全国各地で看護にまつわる行事が開催されています。

 当院では5月9日(水)~15日(火)まで(土日を除く)、地域の皆さんに看護の心を知って頂くことを目的としてイベントを開催し、延べ480名以上の方が参加しました。

 1階売店前には、もの忘れの傾向を知る認知症チェックなどのコーナーが設けられ、看護師は参加者の皆さんと結果内容を一緒に確認し合い、アドバイスしました。特に参加者が多くみられた血管年齢測定では、当院の管理栄養士が作成した血管年齢の上昇を予防するレシピなども配布されました。

 また、看護師長らを中心に、外来と入院中の患者さんへ看護の日を説明しながらメッセージ付きポケットティッシュを手渡しました。外来待合コーナーには、看護風景などのパネルが展示され、多くの方が足を止めて見入っていました。

 「看護の日」にまつわるイベントは来年も開催予定となっておりますので、多くの方のご参加をお待ちしております。(※病院内掲示等で随時お知らせいたします。)

news20180615_1
news20180615_2
news20180615_3
news20180615_4
news20180615_5
news20180615_6

※看護の日

21世紀の高齢社会を支えていくためには、看護の心、ケアの心、助け合いの心を、私たち一人一人が分かち合うことが必要であり、こうした心を、老若男女を問わずだれもが育むきっかけとなるよう、旧厚生省により1990年に制定されました。

2018年6月15日更新

ふれあい看護体験が行われました

 「5月12日 看護の日」を記念した行事「ふれあい看護体験」が、当院では5月11日(金)に行われ高校生5名が訪れました。

 生徒の皆さんは、各病棟に分かれてそれぞれ担当の看護師と共に患者さんの食事や清拭など生活面でのケア、介助をしました。患者さんへ優しく声を掛けながら熱心に取り組まれていました。

 終了後、看護部長や病棟師長らと共に一日の活動を振り返り、南7病棟(地域包括ケア病棟)で看護体験をした生徒のひとりは「患者さんが自宅に帰った時、ご自身でも身の回りのことが行えるように、介助を行うだけでなく見守ることも大切だと学びました。今回の経験で看護師を目指す気持ちがより強くなりました」と笑顔で感想を語りました。

 伊東看護部長は「将来の進路に悩んでいる方も多いと思いますが、この体験を機に看護師を目指ざす、やる気につながれば幸いです」と話しました。

news20180614_1
news20180614_2
news20180614_3
news20180614_4

2018年6月14日更新

南東北在宅支援セミナーが行われました

news20180613_1

 社会医療法人 将道会 平成30年度南東北在宅支援セミナーが5月17日(木)午後1時30分から当院2階講堂で行われました。

 このセミナーは、近隣市町の介護保険担当課、居宅ケアマネジャー、地域包括支援センター、社会福祉協議会、介護サービス事業所に対して、当法人事業所の取り組みの紹介を行い、各関係機関や居宅ケアマネジャーとの連携を深め、より地域の医療・福祉に貢献していくことを目的として、毎年開催しています。

 今回は平成30年度診療・介護報酬同時改定をテーマに開催しました。セミナーは伊東信子 看護部長の挨拶に続き、第1部を菊地知憲 医療福祉相談室主任が「医療・介護報酬同時改定~入退院支援の視点から~」と題して講演しました。

 第2部は栄養管理課、訪問リハビリテーション、南東北訪問看護ステーション、通所リハビリテーション、介護老人保健施設サニーホーム、岩沼市認知症初期集中支援チームの各担当者が報酬改定に伴う今後の取り組みを紹介しました。

 第3部では参加された皆様と各事業所の担当者が、それぞれの取り組みや報酬改定に関する「意見交換会」を行いました。今後の事業所の活動にとって、大変有意義な会となりました。

 今回は岩沼市、名取市、亘理町、山元町、柴田町、角田市、栗原市から67名が参加され、「報酬改定について理解を深める事ができた」「ケアマネジャーと病院との連携について知ることができた」「意見交換会では各事業所の取り組みなどをより知ることができた」等の感想をいただきました。

 今後もセミナーを通して当法人の取り組みをより多くの方に知って頂き、各関係機関との連携を更に深めていきたいと考えております。

南東北在宅支援セミナー実行委員長 介護老人保健施設サニーホーム 明道 茂

news20180613_2
news20180613_3

意見交換会の様子

2018年6月13日更新

みな・みな・ねっと6月号を発行しました

news20180608

 当院の広報誌「みな・みな・ねっと6月号」を発行しました。

 6月号の第1面は人見浩 副院長の「おしっこのモレ(尿失禁)を自分で改善するには」を掲載しています。その他、ワンポイントリハビリ「シリーズ 高齢者について 1.高齢者の歩行」、薬局だより「薬は水以外で飲んでよいもの?」、認定看護師コラム「『虫刺され』にご注意?」、レシピ紹介「乳和食で減塩!かぼちゃと茄子のミルク味噌汁」などの内容です。ぜひご覧ください。

 広報誌は院内各所に設置しております。また、こちらからもご覧頂けます。

2018年6月8日更新

白石市開催 第68回 健康医学セミナーのお知らせ

 総合南東北病院の第68回健康医学セミナーは6月30日(土)午後2時から仙南信用金庫 しんきんホールで開かれます。今回は、須藤晃佑 消化器科科長が「胃癌と大腸癌~早期発見・再発のない治療~」、三井一浩 消化器外科科長が「小さな傷でがんを治す 腹腔鏡手術~大腸癌・胃癌の腹腔鏡手術~」と題して講演します。

 お腹が痛い、便秘・下痢が続く、食欲がない、体重が減っている等という症状でお悩みの方はいませんか?このような症状は、消化器のがんが原因かも知れません。早期に見つかれば治療の選択肢も多く、手術になる場合でも傷の小さい鏡視下手術が可能の場合があります。

今回のセミナーでは、消化器にできるがんの病態や腹腔鏡手術について、わかりやすくお話しします。

 事前予約不要。入場無料です。お気軽にご参加ください。

2018年6月6日更新

← 5月          7月 →

トピック&ニュース一覧はこちら

〒989-2483 宮城県岩沼市里の杜一丁目2-5
TEL 0223-23-3151 FAX 0223-23-3150

Copyright c 2005 Minami Tohoku Hospital. All Rights Reserved