【宮城県岩沼市】24時間救急診療を提供できる救急指定病院。土曜診療も受付可。
宮城県岩沼市 社会法人将道会 総合南東北病院-救急指定病院-

本サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

診療受付時間(月~土 8:30)休診日(日・祝・年末年始12/30-1/2)

top_set_01-1 top_set_01-2 top_set_01-3
ホーム 脊髄疾患の開設と治療法 頚椎症性脊髄症 頚椎症性神経根症 頚椎椎間板ヘルニア 頚椎後縦靭帯骨化症 胸椎圧迫骨折 胸椎黄色靭帯骨化症 腰部脊柱管狭窄症 腰椎椎間板ヘルニア 腰椎すべり症 担当医の紹介 外来のご案内 アクセス

脊髄疾患の解説と治療法

主要疾患の解説

胸椎圧迫骨折

骨粗鬆症は今や全国に1,100万人以上と言われる国民的病気であり、中高齢者(特に女性の高齢者)に多い。軽微な転倒や外傷が脊椎の圧迫骨折の原因となります。圧迫骨折が起こると、直後から強い腰痛、背部痛が起き日常生活がまともに送れなくなります。以前は有効な外科的治療法がなかったため、長期間の安静による痛みの軽減を待つしか方法がありませんでした。しかし平成24年4月1日からBKP(Baloon Kyphoplasty)と呼ばれる、比較的簡便な手術方法が保険診療で行えるようになりました。この方法はつぶれて変形した椎体をバルーンで拡大し、その中に生体になじむ骨セメントを数cc充てんするものです。入院は2泊3日で、1時間程度の手術時間で終了します。手術痕も背骨の左右に1~2cm程度しか残らず、バンドエイドで十分に隠れるサイズです。

sekitsui_img_35

sekitsui_img_36

 BKPにより圧迫骨折内に骨セメントを充てんした、手術後の写真。

〒989-2483 宮城県岩沼市里の杜一丁目2-5
TEL 0223-23-3151 FAX 0223-23-3150

Copyright c 2005 Minami Tohoku Hospital. All Rights Reserved