【宮城県岩沼市】24時間救急診療を提供できる救急指定病院。土曜診療も受付可。
宮城県岩沼市 社会法人将道会 総合南東北病院-救急指定病院-

本サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

診療受付時間(月~土 8:30)休診日(日・祝・年末年始12/30-1/2)

top_set_01-1 top_set_01-2 top_set_01-3
ホーム 脊髄疾患の開設と治療法 頚椎症性脊髄症 頚椎症性神経根症 頚椎椎間板ヘルニア 頚椎後縦靭帯骨化症 胸椎圧迫骨折 胸椎黄色靭帯骨化症 腰部脊柱管狭窄症 腰椎椎間板ヘルニア 腰椎すべり症 担当医の紹介 外来のご案内 アクセス

脊髄疾患の解説と治療法

主要疾患の解説

頚椎椎間板ヘルニア

椎間板は椎体と椎体の間に存在し、衝撃を和らげるクッションの役割を果たしています。加齢や外力などによりこの椎間板に変性が起こると、時に脊柱管内に脱出して神経を圧迫します。症状は頚椎症性脊髄症や神経根症のところで解説したような訴えに類似し、治療の対象となります。保存的治療に抵抗性であったり、症状が強くて生活に影響があるようなら手術の適応になります。 通常は1~2椎間のヘルニアであるため、 頚椎症性脊髄症の項で説明したような顕微鏡による前方アプローチが選択されます。

sekitsui_img_27

sekitsui_img_28

sekitsui_img_59

sekitsui_img_60

頚椎椎間板ヘルニアの模式図(左2枚)と実際の症例(右2枚)。椎間板ヘルニアは左側にでて脊髄を著明に圧迫しており、前方アプロ-チにて除圧固定術を施行した。

〒989-2483 宮城県岩沼市里の杜一丁目2-5
TEL 0223-23-3151 FAX 0223-23-3150

Copyright c 2005 Minami Tohoku Hospital. All Rights Reserved