【宮城県岩沼市】24時間救急診療を提供できる救急指定病院。土曜診療も受付可。
宮城県岩沼市 社会法人将道会 総合南東北病院-救急指定病院-

本サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

診療受付時間(月~土 8:30)休診日(日・祝・年末年始12/30-1/2)

top_set_01-1 top_set_01-2 top_set_01-3
ホーム 脊髄疾患の開設と治療法 頚椎症性脊髄症 頚椎症性神経根症 頚椎椎間板ヘルニア 頚椎後縦靭帯骨化症 胸椎圧迫骨折 胸椎黄色靭帯骨化症 腰部脊柱管狭窄症 腰椎椎間板ヘルニア 腰椎すべり症 担当医の紹介 外来のご案内 アクセス

脊髄疾患の解説と治療法

主要疾患の解説

頚椎症性脊髄症

頚椎に加齢性変化が生じてくると、脊髄周囲の脊椎に骨棘などが形成され神経が圧迫を受けます。その結果として手にしびれ、痛み、歩行障害などが起きてきます。これらの症状が重篤であり保存的治療では改善困難な場合に、手術の適応になります。手術方法は病変の広がりにより、前方アプローチ(前方除圧固定術)と後方アプローチ(椎弓形成術)に分かれます。われわれはより侵襲の少ない前方アプローチを可能な限り選択するようにしていますが、この方法が困難と判断した場合には後方アプローチを用います。

前方アプローチの症例

sekitsui_img_63

頚椎前方アプローチの進入経路。食道、気管を内側に、頸動脈を外側に牽引保護し安全に頚椎前面に到達する。

チタン製のケージを使用した、前方除圧固定術の模式図。通常は直径6~7mmのケージを2個使用する。固定性にすぐれ、安全性もあり、固定素材として用いている。従来の腰からの腸骨移植は採骨部の疼痛が強いため、現在は行っていません。

sekitsui_img_56
sekitsui_img_13
sekitsui_img_14
sekitsui_img_15

C5/6、C6/7間で脊髄前方からの骨棘により、神経が圧迫を受けている。チタン製のケージを使用して、前方除圧固定術を施行した。手術後症状は速やかに消失し、患者さんは手術後1週間で退院した。

後方アプローチの症例

sekitsui_img_58

sekitsui_img_16

sekitsui_img_17

sekitsui_img_18

脊髄がC3からC6/7にかけて、連続的に圧迫を受けている。この症例に対して、C3からC7までの椎弓形成術を施行した。術後症状は軽快し、10日目で退院となった。ただしこのような後方アプローチの場合は、後頚部痛が多少なりとも術後に経験されることが多い。またC5麻痺と言われる、上肢の挙上困難(ほとんどの場合は一時的)が時に問題となる。

〒989-2483 宮城県岩沼市里の杜一丁目2-5
TEL 0223-23-3151 FAX 0223-23-3150

Copyright c 2005 Minami Tohoku Hospital. All Rights Reserved