【宮城県岩沼市】24時間救急診療を提供できる救急指定病院。土曜診療も受付可。
宮城県岩沼市 社会法人将道会 総合南東北病院-救急指定病院-

本サイト

top_set_01-3

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
ホーム 先輩の声 職場紹介 新人・現任教育 看護部の活動 募集要項

職場紹介

職場紹介

東1病棟

東1病棟は脳神経外科・泌尿器科の混合病棟で、特に脳神経外科をメインにした50床を有する急性期病棟です。脳血管障害・脊椎脊髄疾患の患者さんが多くを占め、医師・看護師・リハビリスタッフ・薬剤師・相談員・栄養士などの明るく元気な職種が患者さんのためにチーム医療を展開しています。看護大好きな私たちは、「すべては患者さんのために」をモットーに、常に、患者さんのために何をすべきか?どうすべきか?を考え、患者・家族に寄り添うことを心がけ看護にあたっています。看護っていいなー。と、一緒に実感しましょう!


東2病棟

東2病棟は回復期リハビリテーション病棟と言い、主に脳血管疾患の患者や骨折の患者に対してリハビリテーションを集中的に行う専門病棟です。障害を持ちながらも患者さん、ご家族が安心して在宅で暮らせる事を目標としています。多職種の専門スタッフが退院後の生活を見据えて話し合い、情報を共有しています。看護師は在宅復帰への過程や継続看護に関わっており、地域に戻る患者さんの笑顔がやりがいとなる病棟です。


東3病棟

東3病棟は、救急科(人工呼吸器管理・糖尿・疼痛コントロール)・呼吸器科(肺疾患・在宅酸素療法導入)・循環器科(心不全、検査や外科的手術)の混合で50床を有しています。最近は高齢患者さんの入院も多くなり、ハイリスクである感染・褥創発生予防や認知症看護にも力を入れています。忙しい部署ではありますが、意見を言いやすく・働きやすい職場環境を目指して日々頑張っています。育児中のスタッフも多いですよ!是非、一緒に働きましょう!


南5病棟

南5病棟は整形外科・形成外科・脳外脊椎科・神経内科の急性期混合病棟です。主な疾患は骨折・外傷・熱傷・眼瞼下垂症・褥瘡・腰部脊柱管狭窄症・頸椎症と多岐にわたり、患者さん一人ひとりに合わせた手術や治療が行われています。毎日手術は3~4件あり、術前・術後の看護実践を安全安楽に基づいて提供することが求められます。痛みを和らげながら回復過程を支援し患者さんが退院する姿にやりがいを感じられる病棟です。患者さんやご家族を全力で支えるチームワークのある病棟です。


南6病棟

南6病棟は消化器科・外科の40床の急性期病棟です。近年では高齢者の治療や手術が多く、身体的なケアだけでなく、精神的、社会的、更には家族にも焦点を当て、病院内・外との連携を取りながら看護の展開を行っております。終末期の患者さんも多く、緩和ケア認定看護師を中心に、スタッフ全員が向上心を持って質の高い看護・最後までその人らしくいられる看護の提供を目指して頑張っております。


南7病棟

南7病棟は平成26年10月より亜急性期病床から地域包括ケア病床となり、急性期治療を経過した患者及び在宅において療養を行っている患者等の受け入れを行い、在宅復帰支援等を行う病棟となりました。そのため他職種との連携が重要となる病棟です。看護師15名が元気に働いていますが、半数以上が子育て中のスタッフのため、みんなで協力しながら業務をしている明るい病棟です


手術室

手術室は、2000件を越える手術を行っています。平成26年度は、医師の増員による鏡視下手術が増加し、看護師の知識と技術をさらに向上させることが出来た楽しくやりがいのある1年でした。手術室に特化した研修会への参加や勉強会を行い、患者さんが安全に周術期を過ごせるよう、日々、スタッフ一同努力しています。病棟とは違った面白さがあるので興味のある方お待ちしています。


外来

外来は22の診療科に1日約400名の患者さんが来院されます。多種多様な患者さんに対し、救急認定看護師・がん化学療法認定看護師・皮膚排泄ケア認定看護師などの専門的な知識をもった看護師と共に、患者さんに満足していただけるような外来看護を提供しています。また内視鏡やカテーテル検査・治療にも携わり、やりがいを持って働いています。子育て中の看護師や多様な勤務形態の看護師の多い外来は「おたがいさま精神」を持った部署です。

〒989-2483 宮城県岩沼市里の杜一丁目2-5
TEL 0223-23-3151 FAX 0223-23-3150

Copyright c 2005 Minami Tohoku Hospital. All Rights Reserved