【宮城県岩沼市】24時間救急診療を提供できる救急指定病院。土曜診療も受付可。
宮城県岩沼市 社会法人将道会 総合南東北病院-救急指定病院-

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

診療受付時間(月~土 8:30)休診日(日・祝・年末年始12/30-1/2)

top_set_01-1 top_set_01-2 top_set_01-3

広報誌「みな・みな・ねっと」

ホーム 当院について 診療科のご案内 健診・PETのご案内 採用情報 交通アクセス

おしっこのモレ(尿失禁)を自分で改善するには

副院長 人見 浩

 おしっこの問題(障害)は、色々とありますが今回は、おしっこのもれ(尿失禁)についてのお話です。基本的には、泌尿器科医を受診して相談なさるのが一番なのですが、中々、恥ずかしくて受診出来ない方もおられると思いますので、ご自分で出来る運動を数多くある中から、有効だと思われる方法を今回は紹介することにしました。

 尿もれの原因は、骨盤底筋の衰えで起こります。骨盤底筋とは、恥骨尾骨筋や恥骨腸骨筋、尾骨筋などで構成される骨盤の底部(下部)に広がるひし形をした筋肉群で、尿道や膣、肛門を取り巻くようにあり、子宮や膀胱など骨盤の上にある内臓を下から支えるとともに排尿、排便をコントロールしています。

 従来の骨盤底筋体操で効果が出る人も居ますが、効果を実感できない人も多く居るようです。

 骨盤底筋の衰えの原因の一つに、足の弱体化があると思います。足の指の筋肉は、全身の筋肉と深くかかわり合っています。小指を踏みしめるとお尻の側面にある中臀筋、親指を踏みしめると太ももの内側にある内転筋、全部の指を曲げると骨盤底筋に力が入ります。つまり、足指を曲げる力が弱くなると骨盤底筋も弱くなるのです。

 それでは、具体的にその方法を御紹介します。「骨盤リズム弾み」(図)という方法ですが、両足を肩幅に開いて立ち、つま先立ちの状態から、膝を使って腰を上下に弾ませるように動かす筋力トレーニングです。

 不安定なつま先立ちになるので、運動中に体がふらついてしまう人は、壁に手をついたり、イスに手をかけたりして安全に行って下さい。また、膝が痛む人や骨盤臓器胱と診断されている人は、この方法は残念ながら勧められません。

 ●骨盤リズム弾み

minaminanet201806_1_1

かかとを床から5~10cm上げる。つらい人は床につけてもいい。

両足を肩幅程度に広く開き、つま先立ちになる。つま先立ちのまま、ひざを曲げて腰を落とす(①の姿勢)。次に、ひざを伸ばして腰を上げ、体をまっすぐに伸ばす(②の姿勢)。この①と②の動作を5回繰り返してから、①の姿勢になり、5秒間、同じ姿勢を保持する。

▲みな・みな・ねっと 6月号に戻る

〒989-2483 宮城県岩沼市里の杜一丁目2-5
TEL 0223-23-3151 FAX 0223-23-3150

Copyright c 2005 Minami Tohoku Hospital. All Rights Reserved