【宮城県岩沼市】24時間救急診療を提供できる救急指定病院。土曜診療も受付可。
宮城県岩沼市 社会法人将道会 総合南東北病院-救急指定病院-

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

診療受付時間(月~土 8:30)休診日(日・祝・年末年始12/30-1/2)

top_set_01-1 top_set_01-2 top_set_01-3

広報誌「みな・みな・ねっと」

ホーム 当院について 診療科のご案内 健診・PETのご案内 採用情報 交通アクセス

薬局だより

ポリファーマシーについて

薬局 薬剤師 菅沼 健人

 皆さんは「ポリファーマシー」という言葉を耳にされたことはありますか。ポリファーマシーとはお薬の多剤併用のことで、最近の医療の問題として頻繁に取り上げられています。また、メディア等でも紹介され話題となっています。今回は、ポリファーマシーと残薬についてお話しします。

 ポリファーマシーは、治療に必要以上のお薬が投与されている、あるいは不必要なお薬が処方されている状態のことを指します。ポリファーマシーの問題点は、薬の飲み間違い、薬剤費の増大に伴う医療費の高騰、薬物有害事象(副作用など)の発現頻度の増加、残薬の増加などが挙げられます。患者さん(75歳以上)の残薬の年総額は推計で475億円(厚生労働省調べ)までに上ると言われています。調剤薬局では、処方せんと一緒に残薬を持参された場合は、処方せんの日数調節(残薬調整)をする取り組みも行っています。

 処方されたお薬で飲み忘れてしまうことが多い、飲みづらいなどお困りのことがある場合や、ご不明な点がある場合には、医師又は薬剤師までご相談ください。

▲みな・みな・ねっと 2月号に戻る

〒989-2483 宮城県岩沼市里の杜一丁目2-5
TEL 0223-23-3151 FAX 0223-23-3150

Copyright c 2005 Minami Tohoku Hospital. All Rights Reserved