【宮城県岩沼市】24時間救急診療を提供できる救急指定病院。土曜診療も受付可。
宮城県岩沼市 社会法人将道会 総合南東北病院-救急指定病院-

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

診療受付時間(月~土 8:30)休診日(日・祝・年末年始12/30-1/2)

top_set_01-1 top_set_01-2 top_set_01-3

広報誌「みな・みな・ねっと」

ホーム 当院について 診療科のご案内 健診のご案内 採用情報 交通アクセス

レシピ紹介

豆腐とトマト缶の炒め物

栄養管理課 管理栄養士 曵地 望

minaminanet201801_4_1
minaminanet201801_4_2

 豆腐の材料となる大豆の旬は秋から冬にかけてです。年中店頭に並ぶ豆腐ですが、大豆収穫後の時期に作られる1~2月が豆腐の旬と言われます。

 豆腐に含まれる代表的な栄養素は、たんぱく質。畑の肉とも言われる大豆から作られる豆腐には良質なたんぱく質が豊富に含まれます。たんぱく質は体の中で筋肉を作り、免疫力も高めてくれます。

 豆腐は肉や魚が食べにくくなってきたと感じる方にも食べやすい食材であり、むせ込みがひどくなってきた方も絹ごし豆腐であれば食べやすいため、たんぱく質を摂るにはお勧めです。

 また、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンも豊富に含まれますが、イソフラボンは女性に嬉しい効果だけでなく、骨を強くしたり、コレステロールの増加を抑えて動脈硬化を防いだりといった働きもあります。

 今回は、トマト缶を使い簡単に出来るレシピです。ぜひお試しください。

作り方

木綿豆腐は軽く重しをして水を切り、食べやすい大きさのやっこに切る。

豚肉は一口大に切り、☆で下味をつける。

フライパンでサラダ油を熱し、②の豚肉を入れて色が変わるまでよく炒める。

③に豆腐を加え、豆腐の表面に焼き色をつける。

豆腐に焼き色がついたら、ホールトマトを加える。トマトが大きい場合は食べやすい大きさに箸で切りながら豆腐が崩れないように炒める。

醤油で味を整えたら、皿に盛り付け粉パセリをかける。

1人分栄養価

エネルギー:168kcal 塩分:1.7g

▲みな・みな・ねっと 1月号に戻る

〒989-2483 宮城県岩沼市里の杜一丁目2-5
TEL 0223-23-3151 FAX 0223-23-3150

Copyright c 2005 Minami Tohoku Hospital. All Rights Reserved