【宮城県岩沼市】24時間救急診療を提供できる救急指定病院。土曜診療も受付可。
宮城県岩沼市 社会法人将道会 総合南東北病院-救急指定病院-

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

診療受付時間(月~土 8:30)休診日(日・祝・年末年始12/30-1/2)

top_set_01-1 top_set_01-2 top_set_01-3

広報誌「みな・みな・ねっと」

ホーム 当院について 診療科のご案内 健診のご案内 採用情報 交通アクセス

薬局だより

インフルエンザの治療薬について

薬局 薬剤師 菅沼 健人

 寒くなり、インフルエンザで受診する患者さんが増えてきています。皆さんは体調を崩さずに過ごせていますでしょうか。今回はインフルエンザの治療薬についてお話ししたいと思います。治療薬には、「ノイラミニダーゼ阻害薬」とよばれる抗インフルエンザウイルス薬を使用し、以下の剤型に分けられます。

①内服薬

タミフル(オセルタミビル)

1日2回を5日間内服します。服用後の異常行動が話題となっていますが、インフルエンザによる異常行動の報告もあるため因果関係は不明です。服用後は十分な観察が必要になります。

②吸入薬

イナビル(ラニナビル)

長期間作用するため、1回の吸入で治療が完結します。

リレンザ(ザナミビル)

1日2回を5日間にわたって吸入します。

③点滴薬

ラピアクタ点滴静注(ペラミビル)

特に重症で内服や吸入ができない患者さんに有効です。基本は1度の投与で完結しますが、症状に応じて連日反復投与が可能です。

 インフルエンザは症状が出現してから48時間以内に服用しないと薬の効果が現れにくくなります。紹介した薬はウイルスの増殖を抑えて感染の拡大を防ぐお薬なので、発症後はできるだけ早く使用することが重要になります。

minaminanet201801_3_1

 こちらに記載したのはあくまでも一般的な使用方法です。医師や薬剤師から患者さんに合ったお薬の使用方法について説明があると思いますので、正しく使用してください。

▲みな・みな・ねっと 1月号に戻る

〒989-2483 宮城県岩沼市里の杜一丁目2-5
TEL 0223-23-3151 FAX 0223-23-3150

Copyright c 2005 Minami Tohoku Hospital. All Rights Reserved