【宮城県岩沼市】24時間救急診療を提供できる救急指定病院。土曜診療も受付可。
宮城県岩沼市 社会法人将道会 総合南東北病院-救急指定病院-

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

診療受付時間(月~土 8:30)休診日(日・祝・年末年始12/30-1/2)

top_set_01-1 top_set_01-2 top_set_01-3

広報誌「みな・みな・ねっと」

ホーム 当院について 診療科のご案内 健診のご案内 採用情報 交通アクセス

ワンポイントリハビリ

腰痛について part1

リハビリテーション科 理学療法士 白井 美由紀

 現代社会では全人口の80%以上の方が、一生のうちに腰痛を経験すると言われています。腰痛のうち原因が明らかでない腰痛症が最も多いですが、特別な治療が行われなくても6週間以内に落ち着くものです。原因の明らかな腰痛のうち、最も多いのが椎間板ヘルニアです。

〈椎間板ヘルニアとは〉

 背骨1つ1つの間にあるクッションの役割を果たしている椎間板が変性して、一部が飛び出すことを言います。その一部が付近にある神経を圧迫してしまいます。

 発症の原因 

 筋力・柔軟性の低下、座ったまま・立ったままで前かがみの姿勢をとる、物を持ち上げ身体をねじる、同じ姿勢を長時間とる、単調作業、心理面(人間関係、仕事のやりがい感など)

 症状 

①疼痛:腰部痛に加えて、片方のお尻の重苦しい痛みや同側の脚にかけての刺すような痛み。前かがみまたは腰を反らした時、歩いている時、起床時などに感じやすくなります。

②神経根症状(ヘルニアによって圧迫された神経による症状):各々の神経が支配する領域の痛みと感覚障害、筋力低下、下肢伸展挙上テスト陽性*1、排尿・排便障害

*1 下肢伸展挙上テスト

minaminanet201709_4_1

 写真のように、ひざを伸ばした状態で上にあげていく。

正常では70~90度まで痛みなくあげることが可能。

 70度以下で脚や臀部の後面または腰部の痛みが出現し、それ以上あげることが困難であれば陽性である。

 

 症状のある場合は自己判断せず、医療機関を受診し適切な治療を受けましょう。

また、腰痛は再発予防がとても重要になります。次回は、腰痛予防についてお話しします。

▲みな・みな・ねっと 9月号に戻る

〒989-2483 宮城県岩沼市里の杜一丁目2-5
TEL 0223-23-3151 FAX 0223-23-3150

Copyright c 2005 Minami Tohoku Hospital. All Rights Reserved