【宮城県岩沼市】24時間救急診療を提供できる救急指定病院。土曜診療も受付可。
宮城県岩沼市 社会法人将道会 総合南東北病院-救急指定病院-

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

診療受付時間(月~土 8:30)休診日(日・祝・年末年始12/30-1/2)

top_set_01-1 top_set_01-2 top_set_01-3

広報誌「みな・みな・ねっと」

ホーム 当院について 診療科のご案内 健診のご案内 採用情報 交通アクセス

早期の胃癌・大腸癌は内視鏡で治せます

消化器科科長 須藤 晃佑

胃癌、大腸癌の現状

 胃・大腸の癌はとても多く、すべての癌の中で胃癌・大腸癌を患う患者さんの人数が1位・2位となっています。

 胃癌・大腸癌の主な治療は内視鏡手術、外科手術、化学療法、緩和療法が中心です。

 早期癌、進行癌、転移の有無など、その進行状況にあわせて治療を選択していきます。

内視鏡治療の対象

 早期癌の一部は、胃カメラ、大腸カメラによる内視鏡手術が可能です。

 内視鏡手術の場合開腹する必要はありません。口、肛門から内視鏡を入れて映し出される映像をもとに手術を行います。

 同じ早期癌でもその成長の程度によってリンパ節にすでに転移していることがあり、内視鏡手術では完全に治すことができないものは外科手術が必要になります。

 実際にがんが内視鏡手術の対象になるかどうか、術前の検査でかなり正確に判断できますが、リンパ節転移の有無を確実に診断する検査法はありません。

 最終的には内視鏡手術の結果、厳密な病理組織検査で治療の結果を判断します。

 その結果リンパ節転移の可能性が疑われれば内視鏡治療後に外科手術の追加が必要な場合もあります。

内視鏡治療の実際

 実際の方法としてはEMR(内視鏡的粘膜切除術)/ポリペクトミーとESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)との2つの方法があります。

 EMR/ポリペクトミーはループ状のワイヤーをかけて、電流を流してがんを焼き切ります。比較的小さな大腸癌や良性ポリープなどが対象となり、小さなものは日帰りで治療することも可能です。

 最近では胃の治療に用いることは減ってきています。

 ESDは切除が困難な部位やサイズの大きな癌が対象になります。ペン先のような1-2mmの小さな電気メスを用います。直接確認しながらがんの周囲を切開し、剥離して切除します。偶発症の頻度がEMRに比べ多いと報告されていますので1週間程の入院が必要になります。

 サイズの大きい腫瘍でもひとまとめで切除することができ、再発を抑えた治療ができます。一方でEMRに比べ熟練した技術が必要で治療時間が長くなります。

 体に負担のない内視鏡治療を選択するには、病気を早期に発見することが必要です。積極的に健診を受けることや、少しでも気になる症状がある場合は早めの受診をお勧めします。

▲みな・みな・ねっと 4月号に戻る

〒989-2483 宮城県岩沼市里の杜一丁目2-5
TEL 0223-23-3151 FAX 0223-23-3150

Copyright c 2005 Minami Tohoku Hospital. All Rights Reserved