【宮城県岩沼市】24時間救急診療を提供できる救急指定病院。土曜診療も受付可。
宮城県岩沼市 社会法人将道会 総合南東北病院-救急指定病院-

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

診療受付時間(月~土 8:30)休診日(日・祝・年末年始12/30-1/2)

top_set_01-1 top_set_01-2 top_set_01-3

健康インフォメーション

ホーム 当院について 診療科のご案内 健診のご案内 採用情報 交通アクセス

インフルエンザについて

インフルエンザは、その年により流行の程度に差がありますが、通常12月~3月が流行シーズンです。インフルエンザは、突然現れる高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身の症状が強いのが特徴で、併せてのどの痛み、鼻汁、せきなどの症状も見られます。
通常、高熱が数日持続し一週間程度で回復しますが、時には、合併症を伴い重症になることもあります。特に高齢者、呼吸器や心臓などに慢性の病気を持つ方は、インフルエンザそのものや、もともとの病気が悪化しやすく、十分に注意が必要です。
インフルエンザは、インフルエンザにかかった人の咳、くしゃみ、つばなどの飛沫と共に放出されたウィルスを、口や鼻から吸込むことによって感染します(これを「飛沫感染」といいます)。

【個人でできる感染対策は】

流行前に

・インフルエンザワクチンを接種

インフルエンザが流行したら

・人混みや繁華街への外出を控える。

・外出時はマスクを利用。

・室内では加湿器などを使用して適度な湿度に(50~60%)

・十分な休養、バランスの良い食事。

・うがい、手洗いの励行。

・咳エチケット※

※咳エチケットとは…

・咳・くしゃみの際は、ティッシュ等で口と鼻を押さえ、他の人から顔を背け、1m以上離れる。

・使ったティッシュは、直ちにゴミ箱に捨てる。

・咳やくしゃみ等の症状のある人にマスクの着用を促す。また、咳をしている場合、周りの方へうつさないために、マスクを着用する。

・咳やくしゃみを押さえた手、鼻をかんだ手は直ちに洗う。

インフルエンザにかかってしまったら

・水分(お茶、ジュース、スープなど)を十分に補給する。

・安静にし、十分に休養をとる(外出は控える)

・早めに医療機関を受診して治療を受ける。

・周りの方へうつさないために、マスクを着用する。

掲載内容については、厚生労働省のホームページより内容を引用しています。

〒989-2483 宮城県岩沼市里の杜一丁目2-5
TEL 0223-23-3151 FAX 0223-23-3150

Copyright c 2005 Minami Tohoku Hospital. All Rights Reserved