令和元年度 総合南東北病院 病院指標

病院指標について

DPCデータを用いて全国統一の定義と形式に基づいた指標を作成しました。
現在公開している病院指標は、令和元年度(2019年4月1日~2020年3月31日)に一般病棟を退院した患者さんを対象にしています。
ただし、労災保険、自賠責保険、自費診療の患者さんは含まれません。

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 3 39 56 97 173 281 536 823 823 375

●年齢は入院時の満年齢で、10歳刻みに集計しています。

当院は「皆さんが安心して暮らせ、心の支えとなる病院に」を基本理念とし、急性期医療から慢性期、維持期の医療、在宅医療・介護を担う病院です。
幅広い年齢層の患者さんにご利用いただいており、令和元年度の退院患者数は3,501人でした。地域社会の高齢化を反映して60歳以上の患者さんの占める割合が約80%となっています。これからも地域の皆さんに信頼を受ける医療機関・施設となるべく、院是の「すべては患者さんの為に」を実践し、皆様に最適な医療の提供をできるように努めてまいります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。)手術あり  43 16.49 16.54 0.00 68.44
010060x2990401 脳梗塞(発症3日目以内、かつ、JCS10未満) エダラボン、リハビリあり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 41 25.54 16.13 4.88 70.37
070350xx97xxxx 椎間板変性、ヘルニア 椎間板摘出術あり 33 18.18 15.61 0.00 58.15
010060x2990201 脳梗塞(発症3日目以内、かつ、JCS10未満) リハビリあり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 29 25.52 16.16 3.45 68.52
010200xx01x00x 水頭症 手術あり 定義副傷病 なし 23 22.35 19.92 4.35 73.70
当院の脳神経外科では、脳血管疾患、脊椎脊髄疾患の治療を行っております。その中でも頚椎症、脳梗塞、脳血管障害の患者さんが上位になっています。
脳梗塞の症例では、急性期治療と並行して、早期よりリハビリを開始し、急性期治療後は回復期病棟へ転棟し、リハビリ専門医のもと、在宅復帰を目指します。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 鼠径ヘルニア等あり 71 5.24 4.85 0.00 67.62
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等あり 37 5.05 6.37 0.00 56.97
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 定義副傷病 なし 34 9.44 8.89 0.00 75.26
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 26 16.31 7.65 0.00 50.88
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等あり 定義副傷病 なし 21 5.43 7.13 0.00 64.33
当院の外科では、消化器一般外科・小児外科・内分泌疾患(甲状腺・副腎など)に対する外科治療を行っています。その中でも鼠径ヘルニア、胆石症、胆のう炎、腸閉塞、結腸憩室炎が上位となっています。
さまざまな疾患に腹腔鏡下手術を導入しており、術後の回復が早く入院期間も短くなっています。安全かつ体にやさしい手術を提供できるように心がけています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 43 25.65 12.58 9.30 83.33
180010x0xxx0xx 敗血症 手術なし - - 19.29 - -
110070xx99x0xx 膀胱腫瘍 手術なし - - 10.21 - -

●患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)と表示しています。

当院の泌尿器科では、主に尿路系疾患の治療を行っています。腎・尿路感染症が上位となっています。入院期間が長めの傾向ですが、高齢の患者さんの割合が多く、再発・重症の症例や、転院・施設入所への待機期間があるためと思われます。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術あり 定義副傷病 なし 92 2.11 2.63 0.00 68.50
060340xx03x00x 胆管結石、胆管炎 内視鏡的胆道ステント留置術等あり 定義副傷病 なし 45 10.27 9.79 4.44 78.56
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 33 8.70 7.65 3.03 67.94
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃ポリープ・粘膜切除術あり 31 8.97 8.27 0.00 75.71
060100xx01xx1x 小腸大腸の良性疾患 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術あり 定義副傷病 あり 25 2.08 3.57 0.00 73.48
当院の消化器内科では、食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肝臓・胆道・膵臓疾患の診療を行っています。その中でも、大腸ポリープ、総胆管結石・胆管炎、結腸憩室炎、腸炎、早期胃がんが上位となっています。
内視鏡による診断・手術の充実をはかり、検査による苦痛への配慮を十分に行うとともに、検査精度の向上に努めています。また、外科との連携を密に行い、診断から治療までを一貫して行う体制を整えています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術あり 104 63.97 25.94 4.81 85.53
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 36 9.64 5.54 2.78 64.72
160850xx01xx0x 足関節・足部の骨折・脱臼 骨折観血的手術あり 定義副傷病 なし 13 28.38 15.59 0.00 52.00
160720xx01xxxx 肩関節周辺の骨折・脱臼 骨折観血的手術あり 13 31.38 15.09 0.00 69.31
160780xx97xx0x 手関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 定義副傷病 なし 12 6.00 4.11 0.00 38.08
当院の整形外科では、転倒、スポーツ中、仕事中や交通事故によるけがなど多くの疾患の治療を行っています。
その中でも、高齢の患者さんの股関節大腿骨の骨折の入院が、人工骨頭挿入術と骨折観血的手術の合計で104人と最も多くなっています。早期リハビリを実施し、ADL(日常生活活動)能力向上により、寝たきりを予防し在宅復帰を目指しています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 定義副傷病 なし 43 40.58 20.84 6.98 85.98
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 定義副傷病 なし A-DROPスコア1 23 31.91 13.48 0.00 85.65
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 定義副傷病 なし A-DROPスコア2 22 23.09 15.17 0.00 86.86
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 17 42.82 18.84 5.88 81.65
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 経気管肺生検法等あり 16 18.00 3.34 18.75 76.69

●A-DROPスコア:市中肺炎の重症度分類
 1.男性70歳以上、女性75歳以上
 2.尿素窒素 21dL以上または脱水あり
 3.酸素飽和度(血液中の酸素が含まれている割合) 90%以下
 4.意識障害あり
 5.収縮期血圧(上の血圧) 90mmHg以下
 入院時(発症時)の状態に該当する項目の合計数をスコアとする

当院の呼吸器内科では、肺炎、肺の悪性腫瘍、慢性閉塞性肺疾患などの診療を行っています。
肺炎が上位を占めており、いずれも平均年齢が80歳以上の高齢の患者さんです。
入院期間が長めの傾向ですが、再発・重症の症例や、リハビリを実施しての退院、転院・施設入所への待機期間があるためと思われます。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 定義副傷病 なし 72 34.74 17.71 8.33 86.22
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 心臓カテーテル検査あり 定義副傷病 なし 64 3.08 3.01 0.00 72.36
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 心臓カテーテル検査+血管内超音波検査等あり 定義副傷病 なし 16 3.56 3.15 0.00 71.13
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等あり 心臓カテーテル検査あり 定義副傷病 なし 12 9.00 4.40 0.00 72.83
050210xx97000x 徐脈性不整脈 ペースメーカー移植術あり 心臓カテーテル検査あり 定義副傷病 なし 11 12.73 10.80 0.00 82.55
当院の循環器内科では、主に心臓疾患の治療を行っています。
診断のための心臓カテーテル検査入院(元年度実績105人)、心不全、狭心症・虚血性心疾患に対する経皮的冠動脈形成術等の入院が上位になっています。
心不全の症例では入院期間が長めになる傾向がありますが、リハビリを行う高齢の患者さんが多いためと思われます。
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010155xxxxx10x 筋萎縮性側索硬化症(ALS) 人工呼吸あり 定義副傷病 なし 27 22.15 18.15 0.00 64.85
010155xxxxx00x 筋萎縮性側索硬化症(ALS) 定義副傷病 なし 20 18.05 13.70 0.00 68.60
010170xx99x00x 多発性萎縮症、脊髄小脳変性症の変性疾患 定義副傷病 なし 12 32.08 14.62 0.00 63.92
060210xx99010x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 人工呼吸あり 定義副傷病 なし 12 5.08 18.76 0.00 80.58
010060x2990401 脳梗塞(発症3日目以内、かつ、JCS10未満) エダラボン、リハビリあり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 11 33.91 16.13 0.00 66.64
当院の脳神経内科では、主に変性疾患、脳血管疾患、認知症等の診療を行っています。
県南地域の神経疾患の患者さんの中核病院として役割を担い、急性期治療や計画的な療養、在宅療養などを安心して行えるような体制づくりを行っています。
また、緩徐進行性の神経・筋疾患患者さんを対象に、HAL®医療用下肢タイプを使った治療を行っています。(HAL®とは2015年11月に「生体信号反応式運動機能改善装置」という新医療機器として薬事承認されたロボット治療機器です。)
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 25 37.76 12.58 4.00 77.56
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 定義副傷病 なし 22 51.36 20.84 18.18 85.77
180010x0xxx2xx 敗血症 中心静脈注射あり 16 70.25 33.26 0.00 79.50
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 11 24.55 9.00 0.00 80.91
180010x0xxx0xx 敗血症 手術・処置等 なし 10 42.00 19.29 20.00 82.60
当院の救急科では、24時間体制で院内の各診療科の医師やスタッフと連携し、広範地域の救急車受入れに対応しています。尿路感染症や肺炎、敗血症等の重症な患者さんの集中治療を中心に行っています。入院日数が長くなる傾向がありますが、高齢の患者さんの割合が高く、再発・再燃や、リハビリを実施しての退院、転院・施設入所への待機期間があるためと思われます。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 23 - - 10 - - 2 7,8
大腸癌 12 22 - 15 - - 2 7,8
乳癌 - - - - - - 2 7,8
肺癌 - - - 12 - - 2 7,8
肝癌 - - - - - - 2 7,8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

●患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)と表示しています。

●UICC TMN分類病期分類別とは、がんの進行度を判定する基準として、国際的に活用されているがん分類方法です。
 各種の検査結果から
 ①原発がんの大きさと広がり、深さをT
 ②原発がんの所属リンパ節転移の状況をN
 ③他臓器への遠隔転移状況をM
 として区分し、各がんをⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の 4病期(ステージ)に分類するものです。

「初発」とは、当院においてがんと診断、あるいは初回治療を実施した場合を指します。
「再発」とは、当院・他施設を問わずに初回治療が完了した後、当院にて診療した場合や、がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。

当院のがん治療は、外科、消化器内科、呼吸器内科が担当しています。
胃がんはStageⅠの早期がんの割合が高くなっています。早期がんには内視鏡による切除術、腹腔鏡下手術を行っています。StageⅣや再発に対しては化学療法が主な治療となります。大腸がんは進行がんでの診断が多くなっています。StageⅣ・再発が多いのは、計画的な化学療法で複数回入院されている症例を重複して集計している影響があります。早期がんには内視鏡による切除術、腹腔鏡下手術を行っています。
当院ではPETーCT検査装置によるがん検診や、精密検査にて、がんの早期発見、診断、治療を一貫して行う体制を整えています。外科的治療、化学療法、緩和療法など患者さんの状態に合わせた治療法を選択します。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 69 32.75 77.01
中等症 54 35.22 84.46
重症 31 32.71 87.84
超重症 39 39.46 86.44
不明 - - -

●患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)と表示しています。

●市中肺炎とは普段の生活の中で罹患した肺炎を指します。重症度は市中肺炎ガイドラインによる重症度分類(A-DROPスコア)により分類しています。

●A-DROPスコア
 1.男性70歳以上、女性75歳以上
 2.尿素窒素 21dL以上または脱水あり
 3.酸素飽和度(血液中の酸素が含まれている割合) 90%以下
 4.意識障害あり
 5.収縮期血圧(上の血圧) 90mmHg以下
 上記、1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点で、5点満点
  軽  症:0点の場合
  中等症:1~2点の場合
  重  症:3点の場合
  超重症:4~5点の場合
  不  明:重症度分類の各因子が1つでも不明な場合

当院での肺炎の症例は、呼吸器内科、救急科で診療を行っています。軽症が最も多く、続く中等症、重症、超重症は、平均年齢が80歳以上の高齢の患者さんが多く、リハビリを行い、施設入所先や転院先の調整のため平均在院日数が長めの傾向になっています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 202 42.01 75.18 8.91
その他 20 49.30 68.60 5.00
当院での脳梗塞症例の9割が発症から3日以内に診断し治療を開始しています。
発症から4.5時間以内に治療可能な血栓溶解療法(t-PA静注療法)を行う体制が整っています。
急性期治療と並行して、早期よりリハビリを開始し、急性期治療後は回復期病棟へ転棟し、リハビリ専門医のもと、在宅復帰を目指します。
また、脳梗塞の原因となる頚部の内頚動脈の硬化症による、閉塞・狭窄症には、外科的治療(頸動脈血栓内膜剥離術:元年度実績16例)により脳梗塞発症予防を行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 42 0.67 12.36 0.00 77.02
K1425 椎弓切除術 41 1.80 16.34 0.00 68.32
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 29 0.83 21.59 3.45 65.14
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 24 3.63 18.13 0.00 57.04
K1742 水頭症手術(シャント手術) 22 6.36 21.68 9.09 74.50
当院の脳神経外科では、脳動脈瘤の手術は(元年度実績 未破裂:25件、破裂(くも膜下出血):8件)となっています。
脳検診での発見が早期治療につながり、重症化せず早期退院が可能となります。三叉神経痛・顔面痙攣・舌咽神経痛に対する微小血管減圧術、頚部内頚動脈狭窄症に対する内膜剥離術も多く行っています。低侵襲脊髄手術センターでは、頚椎・胸椎・腰椎疾患に対し、ほとんどの症例に顕微鏡・内視鏡による手術を行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 68 1.21 3.03 0.00 67.41
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 65 1.91 5.25 1.54 61.22
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 28 7.57 18.68 3.57 76.32
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 15 0.20 2.87 0.00 39.40
K639-3 腹腔鏡下汎発性腹膜炎手術 - - - - -

●患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)と表示しています。

当科では、消化器外科、小児外科、呼吸器外科、内分泌疾患(甲状腺・副腎)に対する外科治療を行っており、積極的に鏡視下手術(腹腔鏡・胸腔鏡)を導入し、安全かつ体にやさしい手術を提供できるよう心掛けています。その中でも、鼠径ヘルニア手術、胆嚢摘出術、大腸がん・虫垂炎に対する手術が上位となっています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2cm未満 103 0.30 1.43 0.00 70.20
K6532 胃早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 29 1.52 6.48 0.00 75.55
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの 28 3.39 7.32 3.57 74.68
K654 内視鏡的消化管止血術 22 2.91 14.59 0.00 69.27
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 21 6.33 11.62 9.52 80.71
当院の消化器内科では、大腸ポリープに対する内視鏡的切除術、早期胃がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術、総胆管結石症・胆管炎に対する胆道ステント留置術が上位となっています。
内視鏡による診断・手術の充実をはかり、手術の苦痛への配慮を十分に行うとともに、精度の向上に努めています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕)(肩甲骨)(大腿) 71 2.66 50.23 7.04 84.49
K0811 人工骨頭挿入術(股) 39 5.10 65.92 0.00 83.74
K0483 骨内挿入物除去術 28 2.54 2.61 3.57 52.75
K0732 関節内骨折観血的手術 21 1.81 13.90 0.00 63.62
K0462 骨折観血的手術(前腕)(下腿)(手舟状骨) 20 2.20 6.05 10.00 50.65
当院の整形外科では、さまざまな骨折に対する手術を行っていますが、股関節大腿骨骨折に対する骨折観血的手術・人工骨頭挿入術が上位となっています。
術後日数が長くなる傾向がありますが、高齢の患者さんの割合が高く、リハビリを実施しての退院、転院・施設入所への待機期間があるためと思われます。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 10 1.00 7.00 0.00 74.20
K5972 ペ-スメ-カー移植術(経静脈電極) 10 2.30 11.00 0.00 81.40
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの - - - - -

●患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)と表示しています。

当院の循環器内科では、狭心症・虚血性心疾患に対する経皮的冠動脈ステント治療(PCI)が最も多く、急性期の心血管疾患への対応を行っています。術後にリハビリを行い退院される患者さんもいます。
次いで、洞不全症候群・房室ブロックに対するペースメーカー移植術・交換術が上位となっています。
脳神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下) 10 13.90 30.30 0.00 66.90
K386 気管切開術 - - - - -
K6181 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(四肢) - - - - -

●患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)と表示しています。

筋萎縮性側索硬化症(ALS)による嚥下障害に対し、外科・消化器内科と連携し内視鏡下胃瘻造設術を行っています。神経疾患の患者さんへ計画的な療養、在宅療養などを安心して行えるような体制づくりを行っています
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 51 1.14
異なる 19 0.43
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -

●患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)と表示しています。

敗血症・真菌感染症は、血液が細菌に感染し、全身に炎症を起こす病態で、主に悪性腫瘍や腹膜炎、肺炎や尿路感染症など、免疫不全状態に合併します。
敗血症に陥り緊急入院した患者さんが51人、入院後に合併発症した患者さんは19人でした。
手術・処置の合併症には、術後の出血、創感染、縫合不全などがあります。一定の確率で起こり得るものですが、発症が最小限になるよう努めています。
更新履歴
2020/9/28
令和元年度のDPCデータによる病院情報を公開しました。
平成30年度病院指標
平成29年度病院指標
平成28年度病院指標
平成27年度病院指標