平成27年度 総合南東北病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 12 73 80 132 229 368 778 927 1,115 310
当院は、地域に根ざした病院として、幅広い年齢層の患者さんにご利用いただいています。
急性期医療から慢性期、維持期から在宅医療の提供を行っています。
60歳以上の患者さんの割合が多い傾向にあり、その中でも、5人に1人が超高齢の患者さんとなっています。
地域の皆様に最適な医療を提供できるように努力を続けていきます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで) ファイルをダウンロード
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 98 24.09 18.08 5.10 70.92
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 94 20.04 15.80 7.45 75.76
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 52 5.73 5.31 0.00 73.37
当院の脳神経外科は、脳血管疾患、脊椎脊髄疾患の治療を行っております。
その中でも脳梗塞、めまいの患者さんが上位になっています。
入院期間が長めの傾向ですが、脳梗塞の患者さんは、早期リハビリの介入を行い、急性期治療後は回復期病棟へ転棟し、リハビリを実施して退院されています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 62 5.23 6.94 0.00 60.05
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 35 7.00 7.84 2.86 64.54
060150xx03xx0x 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 副傷病なし 32 4.25 5.56 0.00 39.44
当院の外科では、消化器一般外科・小児外科・呼吸器外科、内分泌疾患(甲状腺・副腎など)に対する外科治療を行っています。
その中でも胆石症、胆のう炎、急性虫垂炎の症例が上位となっています。治療には腹腔鏡下手術を導入しており、術後の回復が早く入院期間も短くなっています。
さまざまな疾患に腹腔鏡下手術を導入し、安全かつ体にやさしい手術を提供できるように心がけています。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 17 16.59 14.34 5.88 82.24
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 10 29.60 12.60 10.00 81.90
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 21.69 - -
当院の内科は、内科一般の治療を行っています。
平均年齢が80歳以上の高齢の患者さんの割合が多く、肺炎、尿路感染症、誤嚥性肺炎が上位になっています。
入院期間が長めの傾向ですが、リハビリを実施しての退院、転院・施設入所への待機期間があるためと思われます。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 40 17.73 12.60 5.00 76.23
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 手術なし 副傷病なし 18 7.06 4.74 5.56 57.61
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 8.97 - -
当院の泌尿器科は、主に尿路系疾患の治療を行っています。
腎・尿路感染症、腎・尿管結石症が上位となっています。
腎・尿路感染症は入院期間が長めの傾向ですが、再発・重症の症例や、転院・施設入所への待機期間があるためと思われます。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 手術・処置等2なし 28 8.32 9.26 0.00 70.36
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 7.91 7.38 0.00 70.04
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 22 8.50 9.20 0.00 72.91
当院の消化器科は、食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肝臓・胆道・膵臓疾患の診療を行っています。
その中でも、虚血性腸炎、食道炎・消化管出血、早期胃癌が上位となっています。
内視鏡による診断・手術の充実をはかり、検査による苦痛への配慮を十分に行うとともに、検査精度の向上に努めています。
また、外科との連携を密に行い、診断から治療までを一貫して行う体制を整えています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 116 44.07 28.70 9.48 81.52
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 32 5.94 5.70 0.00 47.75
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 17 43.24 27.21 0.00 79.00
当院の整形外科は、痛み、骨折、捻挫、交通事故、スポーツなどによるけがの治療を行っています。
その中でも、1位の股関節大腿骨の骨折、3位の変形性膝関節症は、それぞれ入院期間が長い傾向になっていますが、
いずれも高齢の患者さんであり、急性期治療の後、リハビリ病棟でリハビリされてから退院となるためです。
2位の前腕骨折は、患者さんの年齢層が低く比較的短期間の入院となっています。
呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 102 27.25 14.34 1.96 78.30
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 46 41.13 21.69 6.52 86.96
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 18 23.56 20.63 5.56 82.50
当院の呼吸器科は、肺炎、喘息、慢性閉塞性肺疾患などの診療を行っています。
肺炎が上位を占めており、いずれも平均年齢が75歳以上の高齢の患者さんです。
入院期間が長めの傾向ですが、再発・重症の症例や、リハビリを実施しての退院、転院・施設入所への待機期間があるためと思われます。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 179 2.94 3.07 0.00 69.44
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 49 26.35 18.30 0.00 85.08
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 31 8.90 4.87 0.00 70.16
当院の循環器科は、主に心臓疾患の治療を行っています。
診断のための心臓カテーテル検査入院、心不全、狭心症・虚血性心疾患に対する経皮的冠動脈形成術(PCI)の入院が上位になっています。
心不全の症例では、入院期間が長めになる傾向がありますが、リハビリを行って退院する高齢の患者さんが多いためと思われます。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010090xxxxx0xx 多発性硬化症 手術・処置等2なし 14 23.00 14.83 7.14 48.07
010200xx99x0xx 水頭症 手術なし 手術・処置等2なし 14 12.93 8.20 7.14 78.07
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 48.70 19.00 20.00 72.90
神経内科は、主に変性疾患、脳血管疾患、認知症等の診療を行っています。
多発性硬化症、水頭症、パーキンソン病が上位となっています。
入院期間が長めの傾向ですが、急性期病棟からリハビリ病棟を経由して退院される患者さんが多いためと思われます。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 47 33.89 14.34 8.51 81.64
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 63.40 21.69 26.67 83.60
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 14 18.29 15.35 0.00 71.71
当院の救急科では、肺炎、呼吸不全、心不全、ショック、敗血症等の重症症例の集中治療を中心に行っています。
24時間体制で院内の各診療科の医師やスタッフと連携し、救急車を受け入れています。
入院日数が長くなる傾向がありますが、高齢の患者さんの肺炎の症例が多く、再発・重症の症例や、リハビリを実施しての退院、転院・施設入所への待機期間があるためと思われます。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 48 2.71 3.54 0.00 55.88
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし 16 3.06 5.12 0.00 48.06
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 15 5.33 6.14 0.00 56.67
形成外科は、体の表面の何らかの問題点(生まれつき、あるいはケガや病気で生じた)を、主に外科的な治療を担当する科です。
当院では、眼瞼下垂症、皮膚腫瘍、軟部腫瘍が上位となっています。入院期間は短い傾向にあります。
(※H28年度より、担当医の異動により、入院を要する手術症例の受入れを中止しております。)
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数 ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 37 - - 14 - - 1 7
大腸癌 10 17 35 21 - 33 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院のがん治療は、外科、消化器科、呼吸器科が担当しています。
腹腔鏡下による手術、化学療法を行っています。早期癌には内視鏡による切除術を行っています。
胃癌はStageⅠの早期がんでの診断が多い傾向にあります。大腸癌はStageⅢの進行がんでの診断が多く、外科的治療、化学療法、緩和療法を行っています。
当院ではPETーCT検査装置によるがん検診、精密検査にて、がんの早期発見、診断、治療を一貫して行う体制を整えています
成人市中肺炎の重症度別患者数等 ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 19 18.37 48.95
重症度 1 66 28.21 80.45
重症度 2 76 39.21 86.08
重症度 3 23 30.57 85.30
重症度 4 - - -
重症度 5 0 0.00 0.00
不明 0 0.00 0.00
肺炎の重症度別患者数では、重症度2が最も多く、次いで重症度1、3、0の順となっています。
入院期間が長い傾向となっている重症度1~4の症例は、平均年齢が80歳以上の高齢の患者さんであり、症状安定後にリハビリを行い退院となるためです。
脳梗塞のICD10別患者数等 ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 16 4.50 78.44 0.00
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 252 29.71 74.77 9.12
その他 22 18.00 74.91 0.00
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 37 15.95 72.35 4.44
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
当院の脳梗塞症例は、ほとんどが発症後3日以内の治療開始で、発症から4.5時間以内に治療可能な血栓溶解療法を行う体制が整っています。
また、早期リハビリの介入を行い、急性期治療後は回復期病棟へ転棟し、リハビリ専門医のもと、在宅復帰を目指します。
脳梗塞の原因となる頚部の内頚動脈の硬化症による、閉塞・狭窄症には、外科的治療により脳梗塞発症予防を行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで) ファイルをダウンロード
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 42 0.62 11.74 14.29 77.48
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓切除 38 2.18 20.68 2.63 70.95
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 37 0.81 32.03 0.00 60.89
脳神経外科では、低侵襲脊髄手術センターにて、頚椎・胸椎・腰椎疾患に対し、ほとんどの症例に顕微鏡・内視鏡による手術を行っています。
脳動脈瘤に対する手術は37件で、未破裂に対して22件、破裂(くも膜下出血)に対して15件となっています。
脳検診での発見が治療につながり、重症化せず早期退院が可能となります。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 110 1.70 4.35 0.91 62.92
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 88 1.09 3.00 1.14 66.27
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 31 0.13 3.00 0.00 38.03
当院の外科では、さまざまな疾患の治療に、腹腔鏡下手術を導入しています。
その中でも、胆石症・胆のう炎に対する胆のう摘出術は、全ての症例において腹腔鏡下での手術を実施しました。
腹腔鏡下手術は、安全かつ体にやさしい手術であり、術後の回復も早く、入院期間も短くなっています。
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 63 0.13 1.33 0.00 66.98
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 40 3.75 14.20 5.00 77.98
K6871 内視鏡的乳頭切開術 24 1.71 6.21 0.00 65.25
大腸ポリープに対する内視鏡的切除術、総胆管結石症に対する胆道ステント留置術、乳頭切開術が上位となっています。
内視鏡による診断・手術の充実をはかり、手術の苦痛への配慮を十分に行うとともに、精度の向上に努めています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 81 5.02 36.48 7.41 80.96
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 59 8.41 37.93 8.47 78.80
K0732 関節内骨折観血的手術(手) 28 1.36 14.39 0.00 65.79
股関節大腿骨骨折に対する骨折観血的手術と人工骨頭挿入術が多数となっています。
入院期間が長い傾向になっていますが、高齢の患者さんであり、急性期治療の後、リハビリ病棟でリハビリされてから退院となるためです。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 31 1.29 7.29 0.00 69.68
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 22 1.45 11.45 0.00 79.18
K597-2 ペースメーカー交換術 11 1.00 11.82 0.00 76.64
狭心症・虚血性心疾患に対する経皮的冠動脈形成術(PCI)が最も多く、急性期の心血管疾患への対応ができています。
術後にリハビリを行い退院される患者さんもいます。
次いで、洞不全症候群・房室ブロックに対するペースメーカー移植術、交換術が上位となっています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術 眼瞼挙筋前転法 34 0.26 1.71 0.00 50.97
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) 15 0.53 3.80 0.00 56.67
K2193 眼瞼下垂症手術 その他のもの 14 0.00 1.07 0.00 67.79
当院の形成外科では、眼瞼下垂症に対する手術と軟部腫瘍摘出術が多く実施されました。
入院期間は比較的短くなっています。
(※H28年度より、担当医の異動により、入院を要する手術症例の受入れを中止しております。)
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率) ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 32 0.80
異なる 15 0.37
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 12 0.30
異なる - -
播種性血管内凝固症候群(DIC)は感染症、悪性腫瘍に合併することが多く、全身の血管内で血栓ができる病態です。
入院契機の傷病を原因としてDICに至ったと思われる患者さんは4人でした。
敗血症・真菌感染症は、血液が細菌に感染し、全身に炎症を起こす病態で、主に悪性腫瘍や腹膜炎、肺炎や尿路感染症など、免疫不全状態に合併します。
敗血症に陥り緊急入院した患者さんが32人に対し、入院後に合併発症した患者さんは15人でした。
手術・処置の合併症には、術後の出血、創感染、縫合不全などがあります。一定の確率で起こり得るものですが、発症が最小限になるよう努めています。
更新履歴
2016/9/30
平成27年度 病院指標公開